2016年01月02日

子供のお年玉



私が子供時代はお年玉は、「貯金しとく」と言われて親に全部渡していました。大人になって、「あの時のお年玉って」と、母親に言うと、「家の頭金に充てた」と、普通に言われます(笑)



父親にに言わせると、「こっちも払うから相殺や!」 と、家の頭金に充てたことを正当化しています。



お年玉以上のことを両親にはしてもらっているんでいいんですけど。



私と違って、妻の家庭はお年玉は全部、親が貯金して結婚する時に渡されたらしいです。



私は自分の父親が私にしてくれたことを二人の息子にしてあげることはできないので、二人の子供のお年玉は貯金するようにしています。



長男は20万弱ぐらいの貯金があり、次男は2万ぐらいの貯金があります。



二人が成人するまでにいくら貯まるのか?



生活に苦しくなっても息子たちのお年玉貯金には手をつけないようしないと!





貧乏日記 ブログランキングへ




ラベル:お年玉 貯金
posted by トモ at 22:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック