2015年12月29日

本心は背負わせてやりたかった



紆余曲折はありましたが、長男の特別支援学校に入学する手続きを終えました。4月からは支援学校までバスで通学します。



de63edf1d92d2a29f8cbc0265648400d.jpg




特別支援学校にはリュックサックで通います。



イオンなどで、ランドセルを見かけるたびに長男にランドセルを背負わせたかったという思いになりました。



私の方針で支援学校を選んだことは本当に正しいのか? 



自問自答したこともあります。



夫婦で、何度も話し合い、小学校の支援学級と支援学校に足を運んで決めたので自分の選択は間違っていないと思ってはいますが、長男がランドセルを背負う姿が見たかったです。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いつも拝見しています。現在はデイでそれ以前は支援学校で介助員を12年していました。
息子さんの入学手続き、お疲れ様&おめでとうございます。私個人は支援学校をお勧めします。
やはり個に配慮した支援をより受けられるのは支援学校だと思うのです。地域校との交流学習も可能ですし、健常児との関わりはいくらでも可能です。親御さんが真剣に子供さんの事を考えて決められたのですから、息子さんの可能性と幸せを信じて応援してあげてくださいね。
Posted by 粉もん大好き at 2015年12月29日 18:07
>>粉もん大好きさん
支援学校で働かれていた方から言われると安心します。
支援学級に行けない訳ではないえすが、私も息子に合った支援に惹かれて支援学校を選択しました。

支援学校で自分の可能性を広げて欲しいと思います。
Posted by トモ at 2015年12月30日 00:12
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック