2015年12月07日

まだ、人間関係で消耗しているの?



私のブログを長く読んでいただいている方であれば、「また辞めるのかよ」「逃げるのかよ」と思われるでしょう。私も読者の立場だったら思います。このオッサンは妻子持ちの癖に何を考えているのかって。



でも人間関係に我慢して消耗するのはどうなんでしょう?




「体が痛いです。体が辛いです。気持ちが沈みます。早く動けません。どうか助けて下さい。誰か助けて下さい」

 居酒屋チェーン大手「ワタミフードサービス」の新入社員で、平成20(2008)年6月に過労自殺した森美菜=当時(26)=がのこした手帳の文面だ。日付は5月15日。美菜は入社後1カ月半でこれを書き、1カ月もたたずに亡くなった。

 調理研修がほとんど行われないまま神奈川県横須賀市の店舗に配属され、刺し身などを作る最もハードな「刺場」を任された。開店前の午後3時までに出勤し、平日は午前3時、週末は午前5時の閉店後も働いた。しかも与えられた社宅が店から遠く、始発電車まで待機を余儀なくされた。

 ボランティア研修や早朝研修が組み込まれ、休日に心身を休める暇もなかった。調理マニュアルに加えて経営理念集も暗記せねばならず、リポートの提出まで課せられていたという。

 手帳に「SOS」を記すころまでの残業は月140時間。そして手を差し伸べる「誰か」は、会社の中にいなかった。父、豪(つよし)(64)は、ワタミが抱える欠点を指摘してこう悔やむ。

 「労働組合があれば、娘は救われたはずだ」

研修なし、勤務14時間超、経営理念集…「労使一体で改善」

 厚生労働省の24年の統計では、従業員千人以上の大企業で労組に加入している労働者は45・8%。千人未満の企業になると5・5%と極端に低いが、ワタミはグループ従業員数6157人でありながら、労組が存在しない。





目をそむけたくなるような心が痛む話。



入社1カ月目から残業140時間を断りきれなく、責任感がある人だったんでしょう。私みたいに責任感のない人間だったら命を断つこともなかった。



別に辞めることを正当化するつもりはないです。できれば、一つのところで長く勤めた方がいいに決まってます。ただ、自分の心が荒んでしまってはいけないと思います。



先日、こういうことがありました。無意識にため息が出る私に、寝たきりで認知症の利用者が「若いのにため息ばかりついて」と喋りました。



その人は認知症が進んでいて全く会話ができない利用者だったので、びっくりしましたし、指摘されたことで、だいぶ自分は我慢しているんだなって気づかされました。



最近では高齢者施設での虐待の報道が多いです。私は思います。虐待をしている人の半分以上は職場環境のストレスから苛々して虐待をしているのではないかと。



デイちゃんもアドバイスをくれました。



「逃げるが勝ち」



私はこれからも介護業界で食っていくと思います。転職でいくら年収が減ろうが、命があって心が綺麗で入れる方がいいと。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 08:14| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
1番いい方法は、そのババアの根性を合法的な方法でたたきなおし、モラハラをやめさせて、働き続けることかもしれません。
でもその職場、ものすごく給料が高いとか、仕事が楽しいとか、住宅ローンの返済があるとか、何かどうしても続けたい理由や続けなきゃいけない理由があれば続ければいいのですが、どうもなさそうですね。
だったら次に行くのも選択肢の一つです。

「自分は変えられるが他人は変えられない」と言いますよね。だから、自分がやるしかない、がまんするしかないという論調が多いのですが。

変えなきゃいけないような迷惑な他人がいるなら、変えようとするんじゃなくまたがまんするんじゃなく、逃げた方がいい、と私は思います。
他人に働きかけるくらい面倒で労力使うことはないですからね。そんな労力使うなら、家族に使ったほうがいい。
また理不尽ながまんをするのはバカバカしい。

介護職はこれから待遇がますます改善されていくでしょう。どこも人不足なので。
で、すこしでも給料がいいところ、すこしでも労働環境がいいところに人は移動していくでしょう。
移動する勇気がない人は、悪い待遇で愚痴を言い続けてるでしょうね。

悪い職場から人が逃げるのは、当たり前のことです。
悪い職場でがまんする必要はないんですよね。
15年くらい前なら、介護職がたくさんいて、少々劣悪な職場でも働かして下さい、って人、いたかもしれませんが。これからはいませんよ。
そんなモラハラ全開のババアがいる施設なんて、ゆくゆくは営業不能ですよ。
Posted by デイちゃん at 2015年12月07日 15:25
>>デイちゃん

あんな職場を続けたい理由はないです。ババアのせいで、家でも苛々することがあるので子供たちに悪い影響を少なからず与えているのかもしれません。

低収入ですが、身の丈に合った生活をしているので借金はなく、その点は楽です。

求人を見ているのですが、家族4人が生活できるくらいの職場はたくさんあります。次は良い職場で働きたいです。

Posted by トモ at 2015年12月07日 17:15
同年代の看護師です。
あくまで個人的な意見ですが参考までに
今回の職場の場合は仕方が無いですけど、
長期的にみるとこのようなスタンスで
仕事をしていたのでは退職金も出ないですし、
経済的に苦しいのは明らかです。

あなた自身は良いかもしれませんが、
正直年収400万で家族4人が十分に
生活していけるなんて甘い考えです。
仮に奥さんの収入をあてにするのも、です。
このままでは高校以降の息子さんに
十分な教育もさせられないでしょう。

他の方は介護職の待遇改善とかいってますけど
近年の介護報酬改定
を考えればとても楽観視できるものでは
ないですよ。10年後に若者2人で老人1人を
負担するようなバランスの介護保険のどこに
そんな金があると思います?(苦笑)
※介護保険適応外ならわからなくもないですが。

あなたが良くても息子さん達の人生に支障が
出ることは避けなければいけませんよ。

あと転職歴が現時点でかなり多いですから
いかに資格もちの介護職といえど、
45歳を過ぎたら厳しいと思います。
まず職場に馴染みにくいこと必至です。

ストレスフリーな職場なんて正直存在しないです。
自分のことだけではなく、家族のことを考えるなら
どこかで妥協することが絶対必要かと思います。
Posted by あさ at 2015年12月08日 02:37
>>あささん

適切なアドバイスありがとうございます。

確かに介護報酬は下がって介護事業の会社も去年よりは増えています。
現状では、介護職の給与が一気に上がることはないですが、5年前に比べて待遇が少しずつ変わってきています。

きっちりされた方からすれば危なっかしいと思いますが、私は楽観的に考える節があるので、人生どうにかなると思ってます。


Posted by トモ at 2015年12月09日 08:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック