2015年12月02日

殺人犯と一緒に働いてた話



2002年の4月に先物取引の会社に就職した。営業職ってのを一度やってみたかった好奇心と、歩合給に惹かれて期待に胸を膨らませていた。









先物取引の知識なんてナニワ金融道でしかなかった。ナニワ金融道では教頭先生が先物取引の営業の人に騙されて借金を背負う羽目になる。歩合給はいいが、人の道を外すかもしれない。そんなことを考えていましたが、私の考えは杞憂に終わった。




朝の9時から夜10時まで一般家庭に電話をかける仕事。1日に500軒以上は架けたと思います。「儲かるんやったらお前がやれ!」「何時やと思てんねん!」罵声を浴びされたりしました。結果から言うと、1件も契約が取れず10日ぐらいで辞めたのです。




NKJ56_mankenmottekuchiwokakusu500.jpg





わずか10日の期間でしたが、同僚Sと仲良くなった。お互い喫煙者だったし、歳も近いこともあってよく、昼ご飯を一緒に食べた。



Sの話を聞くと、片親で弟がいて「弟の為に俺が稼がんと」が口癖だった。私と違って、ハングリー精神があるなとは思ってはいましたが、パチンコ好きであったことが妙に引っかかった。



客から罵声を浴びされる仕事に1週間で根を上げ「もう限界や」とSに伝えたが、Sは一攫千金を狙っているようで「俺は頑張る」と言っていた。



会社を辞めてSとも連絡を取らなくなり、私はニート生活に突入するわけですが、ちょうど、日韓W杯の時期にニュースでSが手錠を賭けられて逮捕されている姿を見ることになる。殺人に死体遺棄の疑いで逮捕されているS。ニュース内容では自動車を買い戻す為の30万。わずかそれだけのために、23歳の女性は殺され焼かれて山に捨てられた。



Sは、高校を卒業後、職を転々としながらパチンコ屋・風俗店通いに明け暮れ放浪生活を送る。2002年2月に父親が亡くなり実家に戻ったが、仕事が長続きせずパチンコ屋通いを続けた。2002年4月にSは母親に懇願し車を購入してもらった。 会社を休んで乗り回すほど気に入っていたが、パチスロ代に困り、自動車金融業者に24万で売却。30万で買い戻せる条件だったが、金はパチンコ屋で全部使ってしまい、買戻しは絶望的になった。 「母に車の売却を隠して解決するしかない」。たった30万のために元交際相手の女性を殺害。犯行後、遺体をつんだままの車で連日パチンコ屋に通い、金を使い果たし、福井県の国道脇で遺体を焼き、放置した




遺体を積んだまま車でパチンコ通いする神経を疑いたくなるとこですが、10日足らずとはいえ、隣の席でせっせと一緒に電話を架けていた奴が殺人に死体遺棄で逮捕されていることに唖然とした。



私は10日間で辞めたけど、たぶんSも契約が取れずにすぐ辞めたのでしょう。一緒に働いてた同僚が殺人犯になった。思い出したくない過去です。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 16:21| Comment(4) | TrackBack(0) | 昔話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
かなしいですね
Posted by ノコサレ at 2015年12月04日 01:04
無期ですな
平成入ってから厳しくなって
未だに15年程度で出てくると疑わないのがいる
懲罰もない模範生でも30数年獄中生活
身元引き受け人がいたとして
この人の場合は70歳前ぐらいに出所でしょうか
獄中死もありえますね
Posted by 黒船 at 2015年12月04日 10:38
>>ノコサレさん

びっくりしました
Posted by トモ at 2015年12月04日 18:05
>>黒船さん

名前でググると無期懲役リストに入ってました。
Posted by トモ at 2015年12月04日 18:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック