2015年11月15日

介護職からすると年収400万に壁がある



2012年の年収が308万だったので、「年収308万で妻子を養う」というタイトルでブログを開始しました。ちなみに2013年は、322万円で、2014年は366万でした。




微増ですが、2年連続で右肩上がりでした。




でも今年は転職しているので、年収が下がるんだろうな。





前職から源泉徴収は届いているので、今の会社の給与明細に記載されている分を足すと、大体は分かるんですけど、確定申告するまで楽しみにしておきます。




2015年の年収は3月ぐらいにブログで発表しますね。





TAN_nensyuuhikusugi-thumb-autox1000-13933.jpg






介護士にとって年収400万はハードルが高い




社会福祉事業団や関東圏以外の介護職で年収400万貰うのは容易ではない。




年収400万にひとつ大きな壁があります。




他業種であれば20代で就職して10年も勤めれば年収400万なんて軽く超えそうですが、介護職に限れば、10年勤めたからといって年収400万貰える保証はどこにもない。




管理者やケアマネになると、年収400万台は可能なんでしょうが。




年収400万あれば、家族4人が余裕で暮らせるんですけどね。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック