2015年09月06日

介護の地位を向上させたい




1995年〜2010年に日本国内で「増えた仕事」の第1位は介護職員でした。15年間で約100万人増えてると言っても介護職員の人手不足は改善されていません。





TAN_nensyuuhikusugi-thumb-autox1000-13933.jpg






介護職員は増えていますが、介護職へのイメージって良くありませんよね。




きつい、汚い、給料が安いの3Kの代表格とも言われています。




ネット上で介護職=底辺などの書き込みを見ると、介護職として働く身としては腹が立ちますけど、しょうがないかなって思ってました。




でも、「しょうがない」で終わらせていたら駄目なんですよ。




何の解決にもなりません。




介護職の地位を上げたり、待遇を改善させていくのは、現在働いている介護職員にしかできない。





ひとりひとりが、今働いている職場で待遇の改善を訴えることで底上げして介護職の地位が上がればと願います。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 09:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
新卒から8年、管理職です。
希望ばかりを語るブログや研修に触れることが出来ない28歳です。
12連勤、月9回夜勤…が、もう5年。これって普通?って思ってぐぐったらこのブログにたどり着きました。皆頑張っているんですよねえ
ギリギリで踏ん張る人々がいるんだよって、人がいないのは当たり前
これ以上は…のその先で踏ん張る人がいるんだよって

このブログにたどり着けてよかったです。ありがとう。
Posted by ぽん at 2015年09月26日 20:19
>>ぽんさん
12連勤に9回夜勤は過酷ですね。
それを5年も続けているなんて尊敬します。

今はどこも人手不足です。
介護士の地位を向上させないと、なり手がいない状況が続いて施設での虐待事件は後がたたないと思います。

一緒に頑張りましょう!
Posted by トモ at 2015年09月27日 12:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック