2014年12月11日

介護保険制度は大丈夫?




杉本彩の話を聞くのが目的で行ったところ、実は公明党の議員の講演? だったことは、前回の記事に書いたが、その続きとして書きたいと思う。






138263869_624.jpg




選挙には、かならず投票に行くが、いつもどこの党に入れようか決めかねる。今まで、駅の近くでやっている演説や議員の講演といったものはちゃんと聞いたことがなかったのが、決めかねる原因の一つではある。



少し騙された感はあるとしても議員の講演に連れて来てもらっているので、興味のある話は聞くことにした。



A市から立候補する議員が出てくる前に、東大卒、コロンビア大に留学との紹介があった。正直な話、どんな坊ちゃんが出てくるんだろうと、思っていたが、私の期待を裏切り、熱い人間だった。



私は、結婚式での友人代表のスピーチや施設での行事の司会などを頼まれることが多いので、話すことは得意分野と思っていたが、議員のトークを聞いて天狗の鼻をへし折られた気分になった。



私が言うのもおこがましい話ですが、政治家なだけあって、めちゃくちゃ話が上手です。アベノミクスで株価は倍増した話、次は家計の景気を良くするために消費税の増税を先送りにした話、介護について話をしたので、介護業界で働く1人として介護保険制度について書きたい。







このままだと介護保険は破綻する





私は政治家でも何でもなく、介護業界で働く一人です。今から書くことで、だったらお前が政治家になれよと言う突っ込みは勘弁して下さい。






42E16EBC-5AB3-11E2-B379-AFDCFEDA975F_l.jpg





2014年の日本の高齢化率は26%です。


2020年には29%、2025年問題と言われる年には30%を超えていきます。



今の介護保険制度は大丈夫なのか?



保険と言うのは、保険を利用する人の人数が、保険料を納める人の人数より少ないことで成り立ちます。自動車保険に置き換えると、保険料を払っている人の中で、事故する人の方が、事故しない人の数より圧倒的に少ないので成り立っています。



私は10年くらいは車に乗っていますが、事故したことがない。でも、何かあった時の為に保険には入ってます。



保険を支払っているのに死ぬまで事故を起こさない人もいるでしょう。



しかし、介護保険は違います。人間、かならず年老いていきます。日本人の寿命が伸びていることから死ぬまでに大半の人が介護保険サービスを利用するでしょう。



要介護度5の人の給付額の上限は36万円で、自己負担が36000円。要介護度5の人を支える為に40歳以上で保険料を納めている人の何人分の保険料が必要になってくるでしょうか?



公費50%(国25%・都道府県12.5%・ 市区町村12.5%)を0とすれば、何十人で一人の人を見るのだから税金ありきのシステム。



介護サービスを受ける人は、年々増えることを考えると、現状の介護保険制度では成り立たない日が来るのは目に見えています。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:37| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは^^
初めまして。

ランキングから寄らせてもらいました。
通りすがりの三十路男です(笑)
どうもです。


介護保険制度ですか。
そうですね。
これから確実の高齢者が増えます。
反対に少子化に向かっている。

そう考えると、
今の保険制度ではどう考えても厳しいですよね。

まぁみんながみんな介護に頼ることなく、
超元気に生きていればOKなんですけど。
難しいですね(笑)

僕はまだ31歳ですけど、
将来介護してほしくはないですので、
健康を意識してます^^

まぁどうなっていくか。
とりあえず前向きに生きていくことは大事だと思ってます♪

応援していきますね♪
Posted by ヒロタロウ at 2014年12月15日 14:07
>>ヒロタロウさん


制度自体を見なおさないといけない時期かもしれません。

ブログ見させてもらいました。
アフィリエイトで稼がれていて凄いですね。

ブログをやっているので勉強になりました。
Posted by トモ at 2014年12月15日 21:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック