2014年10月19日

痰吸引の資格



介護に転職して4カ月目の1人夜勤の時に、ある入居者のSPO2(酸素飽和度)が一気に下がったことがありました。



SPO2(酸素飽和度)とは、血液中(動脈)の多くのヘモグロビンの何 %が酸素を運んでいるかを示すもので、正常値は96 %以上、95 %未満は呼吸不全の疑いがあり、90 %未満は在宅酸素療法の適用となります。



低下した入居者のSPO2の数値は88%で苦しそうにしています。私はどうしたら良いか解らずに、他のフロアの夜勤者を呼びに行きましたが、運悪く、他の2名の夜勤者も1年未満の職員で3人とも何をしていいか解らず・・・・



1人の職員の咄嗟の判断で救急車を呼んで、入社3カ月目でありましたが救急車に乗りました。救急車で救急隊員が痰吸引してSPO2が95%まで上がって、病院に到着。医師からは痰が詰まって、SPO2が下がってたと言われました。救急車を呼んだ職員に感謝すると同時に、何もできなかった自分の不甲斐なさでたまらなくなった。



平成24年4月から法改正により一定の研修を修了した介護職員が「たんの吸引」や「経管栄養」を行うことができるようになり、この度、会社から喀痰吸引の研修を受けさせてもらうことになりました。



私が痰吸引をしたのは、食事中に詰まって緊急やむを得ずした1回のみ。職員全員が痰吸引の研修を受けて、施設が認定特定行為業務従事者としての登録ができるようになればいいです。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 14:53| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちのとこは、一部のパートと
正社員は、全員吸引します。特養だからかな?
でも研修の時に
嫌だったらこの場で研修を断ってくれと説明を受けました。
Posted by 三十路介護職員 at 2014年10月21日 20:36
>>三十路介護職員さん

特養なら吸引する機会は有料より多そうですよね。
いざというときの為にも必要なので職員が順番に取りに行く予定です。
Posted by トモ at 2014年10月22日 00:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック