2014年09月13日

まずは原因を探らないと


1時間1回とか2時間に1回とか、コールを頻繁に押す入居者がいます。居室に伺うと、特に何も用事がないことが多く、私も前施設のヘルパー時代は、心の中では「忙しいのに」とか「めんどくさい」とか思うことはありました。



しかし、現施設のヘルパーは平気で「鬱陶しい」とかを口にする。だから入社して数カ月の人も先輩の口調を真似してしまう。



初任者研修を受けた時は、そんな気持ちはなかったはず。たまたまうちの施設に入社して、悪い先輩に汚染されていった。だから初任者研修を取って、一番初めに入社する施設って凄く大事だと思います。現施設みたいだと、介護ってこんな感じでOKなんだと勘違いを起こします。



人間なので心の中で思うことはあるは許せますが、それを口に出すのはどうかなと。入居者が施設に入居していることで、私達が給与を得ていることを頭に入れとかないといけない。



現場をフロアリーダーに任せ過ぎたこと、任せているフロアリーダーが平気で「鬱陶しい」とかを口にしていてヘルパー達が勘違いを起こしていることを反省しています。



口にするのは辞めようと言うのは簡単なこと。口で言うだけだったら、私がいる時はちゃんとして、いない時はどうせ入居者の文句を言うのだから。



だからコールの原因を探る為に、フロア会議でコールが頻回なのかをカンファレンスしました。ヘルパーに意見を出してもらい、訪問医に相談。まずはプラセボ対応することに決まりました。



その入居者は3年ぐらい入居していますが、私が異動してきて半年でやっと、カンファレンスしました。



私も行政対策に時間を取られたり、施設長といざこざがあって、しょうもないことに労力を使われてしまい、入居者の細かいとこまで見れてないのがいけないんですけど。



少しずつ変えていこうと思います。せめて前施設ぐらいの環境にしたいです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 03:51| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
施設勤務の入居者で頻コールの人がいました。
だいたい、機嫌が悪い時にコールが多かったです。
お気に入りの職員が対応しない時は怒りを鎮めるのに大変だった覚えがあります。

ブログを再開しました。
今後とも宜しくお願いします。
Posted by かな at 2014年09月19日 20:39
>>かなさん

コール頻回の人はどこにでもいると思います。
原因を探って、少しでも減ればと思います。

ブログ再開されたんですね。こちらこそよろしくお願いします
Posted by トモ at 2014年09月20日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック