2014年08月19日

夜勤で気付かされたこと

欠勤者が出たので、急遽、夜勤に入りました。久しぶりの夜勤だったので、現場の頃は感じなかった介護技術の衰えを実感した。



特にオムツ交換。最近は排泄介助と言えば、トイレ誘導ぐらいで、オムツ交換をしたのはいつだろう?



思い出しながらやったのですが、めちゃくちゃ下手になってますし、時間もめちゃくちゃかかりました。



体位変換もこのクッションは普段はどうやって使ってるのだろう?



拘縮の強い方には、こうするんだったよな?



少し、現場を離れただけでこんな状態です。恥を忍んで、ペアの夜勤の人に教えてもらいました。



ペアの夜勤の人は、施設長代理に夜勤に入ってもらってすみませんと言われましたが、



こちらが「教えてくれてありがとう」と言いました。



現場で3年の経験があるとは言っても、我流でやるわけにはいかない。寝たきりの方は「この姿勢はしんどい」とか「背中が痛い」とか訴えることができない人もいます。



現場に出ていないので、普段の安楽な姿勢が分からない時は教えてもらうのが一番です。



訪問介護事業、住宅型の施設であれば、利用者がヘルパーを選ぶことができる。



でも、特定施設だと、ヘルパーを選ぶことができない。



あのヘルパーは下手だから換えて欲しいとは言えない。



施設は1対1の介護ではないから。



職員ひとりひとり、体格は違いますが、ある一定の介護技術を統一するべきなのかなと、夜勤中に思いました。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 13:12| Comment(4) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして♪

タイトルの年収に親近感が沸いてしまい、
コメントしてしまいました。

また、遊びに来ますので宜しくお願いいたします♪
Posted by レオン at 2014年08月21日 13:30
>>レオンさん

初めまして。訪問ありがとうございます。
こちらもお邪魔さしていただきます
Posted by トモ at 2014年08月21日 23:22
辞めた今でもおむつ交換のこと等が気になって、調べることがあります。
確かに訪問介護は一度、利用者にNGを食らうと大変です。
Posted by かな at 2014年08月23日 08:46
>>かなさん

そうですよね。離れると忘れるというか手がおぼつかないです。
施設はNGでも入居者が我慢しないといけませんので、統一するのが理想かと思います
Posted by トモ at 2014年08月23日 20:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック