2014年04月02日

7男2女11人の大家族 石田さんチが大騒ぎ! 両親への感謝SPの放送を見ての感想

3月27日に放送された「7男2女11人の大家族 石田さんチが大騒ぎ! 両親への感謝SP」を見ました。


2年振りの放送でしたが、冒頭から違和感を感じました。


何かがいつもと違う。


番組の最終で解ったのですが、長年、ナレーターを務めた内海賢二さんが、2013年6月13日にご逝去されてました。


石田さんチと言えば、あのナレーションですよね。良い声でめちゃくちゃしっくりくる。


ご冥福をお祈りします。




1、定年を迎える父


初めて放送されたのは17年前でお父さんも43歳。働き盛りの年齢でしたが、なんせ11人も子供がいますので稼いでも稼いでもお金が出ていく。給料日には何故か毎回、現金でお母さんに渡していました。


17年前は平社員でしたが定年を迎える今では営業本部長。


一時は仕事のストレスからか家庭でも荒れてましたが、今回の放送では落ち着いてました。


しかし、美容の専門学校に行って、美容師になるも外資系の会社に転職して営業本部長にまでのし上がるって凄いですよね。


子供達も全員、高校卒業してますし、高校卒業後も半数以上が進学している。


大家族の鏡ですよこのお父さんは。




2、兄弟思いの長男の孝之君


兄弟で長男が一番苦労している。花屋の仕事をしながら夜間の大学に通う。


たぶん、授業料とか生活費とか自分で出してたんじゃないかな?


巣立ってからも兄弟のことをいつも気にかけている。本当にできた長男です。


私も同じ長男として、見習うことはたくさんあります。




3.六男の有志君が登場


取材拒否を続けていた六男の有志君ですが、美容師として登場しました。


居酒屋で長男になんでテレビにでることOKしたのと聞かれ、「店のこともあるし」と。


あの反抗期だった有志君も社会人です。働く店のことを考えるようになったとは。




三男の光央君の登場がなかったのが残念でしたが、石田さんチは本当に面白い。


まだまだ続いて欲しいです



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:30| Comment(0) | 大家族の番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]