2014年04月06日

微笑ましい光景

日曜日が公休の時は、息子の保育所も休みなので二人で出掛ける。大抵は公園に行って、混んでいる時間を避けてマクドナルドや丸亀製麺で食事をするのがいつものパターン。


息子はこのパターンが違うとしっくりこないみたい。


お腹が減っていたので一度、マクドナルドに行ってから公園に行こうとしたが、「こっち、こっち」「公園いこか」と公園の方を指さして二人ともお腹が空いているのに公園に行ったことがあり、なるべく息子のパターンを崩さないようにしている。


今日もいつも通りに公園で遊んでからマクドナルドに行った。


マクドナルド以外の飲食店ではじっとしてられないので並んで食べますが、マクドナルドは大好きなので対面に座ってもじっと座って食事ができる。


正面から息子の食べる姿を見て、私と違って好きな物から食べて嫌いな物は後に残すのかとか思ったりするのが好きな時間。


その時にたまたま、同じ発達障害の児童デイに通う女の子の家族が隣の席に座った。


母親と軽く会釈する。母親、女の子、妹の3人で来ていた。


妹がいるんだなと思い、息子と食べていると、女の子がウロウロし始めた。


それを見た母親が女の子を席に連れ戻すが、またウロウロする。


すると、妹が「お姉ちゃんこっちだよ」と声をかけた。


女の子は席に戻りポテトを食べ始めた。


その光景を見て、兄弟っていいなと思った。


何気ない声かけだったけど、なんか微笑ましくて、その光景はこれぞ姉妹愛って感じがした。


なんか文章ではうまく伝えられないが、とにかく微笑ましい感じ。


やっぱり、息子には兄弟が必要なのかも。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:46| Comment(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]