2014年03月17日

常識ではないのかも

私の会社は、介護経験全くなくて他職種の管理者経験の人を施設長として採用したり、介護職経験なしで、入社3カ月で施設長になる人もいる。


私自身もそれってどうなの?と思っていましたし、特に介護業界でしか働いたことのない人は私以上に思っているでしょう。


しかし、フロアリーダーになってから幹部会議に出席したりするとこの会社の組織は凄いなと思うようになりました。


めちゃくちゃ利益が出てますし、凄いスピードで特定施設、住宅型、高専賃、デイサービスを出店している。


職員の数は数百名で私が入社した3年前の倍近くになっている。


拡大するスピードもそれだけの人数を雇用するのって単純に凄い。


ケアマネ、社会福祉士、介護福祉士を持っている人が施設長をするのが一般的と考えるのなら、うちの会社は常識ではないかもしれない。


ケアマネ、社会福祉士、介護福祉士って、筆記試験が良ければ通るでしょう。(介護福祉士は実技がありますけど)


資格があるからって、施設運営ができるとは限らないのが私の自論です。





入社が浅くて、未経験の人が役職者に抜擢される度に介護経験があって、たくさん資格も持っている人が辞めます。


何年も介護の仕事をしてきているし、資格もたくさん持っているので、自分に自信があるんでしょう。


ケアマネ持ってて、「独立する」「年収1000万を目指す」と宣言して辞めた人を知ってますが、デイサービスを開業して人が集まらずに1年で廃業しました。


その人はうちの会社から数名の職員を引き抜いて独立したんですけど、何名かは戻ってきました。


舞い戻ってきた人に聞くと、デイサービスに来る利用者は1日に1名から4名で開店休業状態だったとのことです。


辞めた資格保有者はデイサービスを開業するのにいくらかかったのか知りませんが、原状回復せずに不動産屋に引き渡したみたいです。


そこで不動産屋さんからうちの会社に店舗を借りて欲しいと連絡があり、設備投資なしで、跡地でデイサービスをオープンさせて今では満員御礼の大盛況のデイサービスに再生しています。


経営陣は、あの立地で失敗するなんてありえないと言ってました。


フォローではないですがそのケアマネの資格保持者は私から見てもなかなか介護技術あるし、高い理想を持っていました。


でも、会社ではずっと平社員。


そんな状況だったので、ケアマネの資格保持者は「僕を平社員で置いておくのはイチローをベンチに置いておくのと一緒だと」飲み会の席で言ってました。


その発言を聞いたのは私が1年目の時で、ケアマネの資格保持者の言ってることは正論だ。今の施設長なんかよりも現場のことを知っているケアマネの資格保持者が施設長になった方がいいと思ったぐらいです。


しかし、経営陣はいくら資格があっても、素晴らしい理想があっても彼に役職者のポジションは任せれないと判断したのだと思います。


現に人の道を外して数名引き抜いた挙句に1年でデイサービスを潰していますので。


ちょっといいことばかり書きすぎましたが、うちの会社を肯定するつもりはありません。


うちの会社がブラック企業なのは間違いないと思ってます(笑)


給料も安いし、常に人手不足でサービス残業がありますから。


でも、会社が嫌だったら辞めればいいですよね。


私も含めて。


でも、辞めないのは独立する自信がないとか、お金がないとか。今よりいい仕事に転職できる保証がないとか、色々あると思います。


私も今の会社にあまり染まらないようにしていこうと思ってます。


社畜とやらにならないようにしたいです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:29| Comment(6) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
う〜〜ん、考えさせられることの多い記事ですね。「名選手≠名監督」と同じで、求められる能力に違いがあるんでしょう、これは止むを得ないと思う。ですが、現場の功労者を労うことも大切です、管理は管理、現場は現場で誇りを持てるような人事が望ましいのですが、組織の効率を追求するとそういう面が疎かになるのかと・・。御社の急成長もその辺りに秘訣があるのではないでしょうか?

また、働く人を大切にしないような企業が福祉に携わるのはどうか?とも思います。何を目的にしているのか?と勘ぐりたくなります。儲けたら駄目だと言いたいわけではありません、根本の姿勢の問題ですね。福祉に対する真摯さを、一般の職員の良心だけに頼っている組織だとしたら嫌な感じです。

ま、経営は奇麗事じゃ成り立たないのでしょう、被介護者・職員・会社がそこそこ満足ならOKか・・。
Posted by ddonaldd at 2014年03月18日 19:23
>>ddonalddさん

仰るとおり名選手は名監督にあらずというのが合ってますね。

私も現場の人間なので、現場の人間を大切にして欲しい、現場の人間に光を当てて欲しいと思ったますが、経営する方からすると現場の声より利益を優先させるんでしょうね。

また次回、記事に書きたいと思います。
Posted by トモ at 2014年03月18日 21:40
こんにちは

>介護職経験なしで、入社3カ月で施設長になる人もいる。

その方は入社3ヶ月の間は現場で介護の仕事をしてたんですか?

営業職だとよくいるのが、営業成績はTOP10に入る人が、管理能力に欠けてて主任どまりとか、
私が前いた会社にはこういうタイプがよくいました。
ただ、多少でも現場を経験してもらわないと、いきなり管理職で入社した方の方針って、現場と感覚がずれている事が多々あるもので。。。
Posted by T2 at 2014年03月20日 10:20
介護技術が高く、理想も高く、利用者様からの信頼も厚い介護者の方が優秀な経営者とは限らない。逆に、施設運営が上手く、現場の介護者からの信頼が厚い施設長が優秀な介護者とも限らない。
しかし、一つの施設のトップになる人は、現場の事を知らなければ、現場の方の感覚とずれる。バランスがとれた人というのは、なかなか居ない様な気がします。
どんな組織でも数字を追う側の人間と現場の人間はなかなか意志疎通がうまくいきませんね。でも、数字を上げないと現場の方の給料が支払えない訳で・・・。
難しい問題だと思います。
Posted by 名無し at 2014年03月22日 09:33
>>T2さん

3ヶ月間はヘルパーとして働いて別の施設の施設長になりました。

前職は銀行で働いてたみたいです。

なんでもそうですが、個人の能力と管理能力は別物ですね。

ただ、いくら管理能力があっても現場皆無だと困ります
Posted by トモ at 2014年03月22日 19:08
>>名無しさん


現場のことも解った上で管理者するのがベストなんですけどね。

うちの場合は株式会社なので利益を優先してしまう傾向があるので、バランスの取れた管理者は少ないかも知れません。
Posted by トモ at 2014年03月22日 19:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]