2014年02月06日

成果主義の導入

幹部会議で離職を防止するために平成26年度から成果主義が導入されることが決定した。現段階では賞与のみが査定方式で支給してるが、月給も査定して成果主義を導入するということ。


査定方法はどうするのか?


どれくらい給与に上乗せされるのか?


上記の2点を施設長に質問したのですが、内容までは決まってないとのこと。


施設長の予想では、月給に一番いい評価ならプラス〇万円。一番悪い評価ならプラス〇千円で、例え一番悪い評価でも上乗せがあって給与が減ることはないと言っていた。


営業職だと売り上げの何パーセントが歩合給として支給されるとか決まっています。利益額が決まっている介護業界で、どうやって捻出して成果給を支給するか不明な部分です。


もしかすると会社は充分なお金をストックしてるのか?


それとも入居者の月額料金を値上げするのか?


介護職に成果主義はうまくいくのか見ものではあります。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:21| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
貴施設ではうまくいかない、に一票。
まともな査定ができる日本企業を、自分はまだ知りません…。
Posted by 石垣 at 2014年02月08日 02:06
>>石垣さん
私もうまくいかないと思います。
成果報酬分をどこからねん出するのか・・・
Posted by トモ at 2014年02月08日 18:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]