2014年02月06日

原田大二郎と息子の番組を見て、自分の息子のことを考えた

普段はあまりテレビを見ないのですが、たまたま「解決!ナイナイアンサー」を見てまして、TVから消えた原田大二郎とその息子のことがやってました。


原田大二郎の息子は、幼い頃の大きな病気をしていて、発達に障害があり、小学校、中学校でいじめにあった。


その度に原田大二郎が学校へ行って、学校を転校したり校長先生に駆けあって解決し、高校へ進学する。


しかし、高校3年生の卒業1か月前に急に息子が不登校になる。原田大二郎としては、高校の卒業証書だけは欲しいとの気持ちがあり、引きずってでも連れて行こうとしてから息子と溝ができてしまい20年間の確執に及んだ。


番組中で原田大二郎さんは、間違った子育てをしてしまったと番組で涙を浮かべて話していました。普通の小学校、中学校に通わせたことが、息子の選択肢をせばめていたのではないかと。


夫婦で番組を見てたのですが、不意に妻が「小学校どうする?」と聞いてきた。


小学校に上がるまであと2年と少し。現段階でどの選択肢が息子の可能性を伸ばすのかは分からない。


普通学級、特別支援学級、特別支援学校。


私の気持ちとしては普通学級に行かせたい気持ちがあることを伝えた。


妻は「いじめられたらどうする?」と。


そんなん決まっている。学校に行って教師に駆けあう。


モンペと言われてもいい。息子を守る為に私ができることだから。


例えば、息子が普通学級に入って、勉強がついてけなくてしんどかったり、いじめたりされるくらいなら途中から特別支援学級に変更してもらってもいい。


息子は選択できないので、親が選択してあげて、その後のフォローもしていきたいと思う。




貧乏日記 ブログランキングへ







posted by トモ at 10:50| Comment(0) | 息子 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]