2013年12月14日

尼崎市浜田町に住んでた私が尼崎を語る




尼崎市浜田町で中3男子が監禁&性的虐待された事件があったのだけど、実は4年5ヶ月ほど、尼崎市浜田町に住んでいた。



尼崎は縁もゆかりもない土地。引越した理由は、当時付き合っていた彼女がJR立花駅周辺に住んでいたから。


立花駅周辺は家賃が高くて、阪神沿線に行けば行くほど安くなるので、住まいは立花駅に歩いて行ける浜田町になった。



無題.png




JR立花駅南側に降りると、歩道橋の上に広場があった。その広場に灰皿が置いてるのだけど、お世辞にも綺麗とは言えない人達がたくさん居て、私が吸ったタバコの吸い殻を拾って吸っているのを見てカルチャーショックを受けた。



無題kjkjkjk.png



尼崎市民は自転車に乗っている人が多い。




駅周辺は歩くのが邪魔なぐらい自転車が置かれているし、子育て中の主婦は前と後ろに子供を乗せて自転車を運転している。逞しい人はさらにおんぶして自転車を運転している。


付き合っていた彼女は立花駅の北側に住んでいて、踏みきりを渡る時なんて老若男女問わず、猛スピードで向かってくる自転車には驚いた。


遮断機が開いた時の凄い数の自転車が一気に押し寄せてる感じは4年5ヶ月住んでも慣れませんでした。



尼崎での初体験



尼崎に引越しての初体験はヤンキーに絡まれたことです。絡まれたのは浜田町ではなく阪神尼崎方面で絡まれました。


絡まれた経験のない私はこれが絡まれるってことか、貴重な体験だなって思いました。



JR立花周辺に住んでいた彼女と付き合ったのは約9カ月。別れた後も尼崎に住んだのは住み心地が良かったからだと思う。


尼崎の街は好きだけど、失恋した街であるのでどこか記憶を封印していたとこがあった。この事件で浜田町に住んでいた4年5ヶ月を思い出したのでブログに書きました。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]