2013年08月08日

受験の可能性が

実務経験が足らなかった介護福祉士の試験ですが受けれることになりそうです。


遡ること13年前、トモヤン20歳。新卒で就職した会社を辞めて、フラフラしてる時期がありました。


当時は真昼間に起きて、パチンコ屋に行って釘の空いている羽物を打って日銭を稼ぐ。パチンコで勝ったお金でコンビニに行く。おにぎりやパンを買って意味もなく深夜まで公園でツレと喋り、喋り疲れたらカラオケやボーリングに行って家に帰って寝る生活をしてました。


見かねた父親は家を出るか、父親の決めた会社で働くかの2択突きつけてきた。


家を出されるのはまずいので、渋々、父親が決めた職場に行くことに。


その職場は知的障害者入所更生施設(現在はネットで調べると障害者支援施設となっている)と呼ばれるとこで障害者の日常生活をサポートする仕事。


職歴10社だけど、アルバイトなのでこの経験は職歴に入れてませんでしたというか働いてたことすら忘れてました。


その忘れてた日々が、介護の実務経験に入るかもしれないことを知ったんです。13年前の話なので履歴が残っていない可能性もありますが、施設に問い合わせてみようと思います。




貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:介護福祉士 受験
posted by トモ at 23:16| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]