2013年06月17日

やっぱり営業は大変

昼休みに兄弟から着信に気づく。架けなおすと「兄ちゃん、駐車場決まった?」と。


決まったけどと言うと「承諾書貰わなあかんから電話番号教えて!」


承諾書とは車庫証明みたいなもので警察に提出するものみたい。


「今週中に届くから都合のいい日を教えて」と言われたが、確か納車は7月じゃないのと聞くと、なにやら店のノルマみたいなのがあって6月に売ったことにしないといけないらしい。


今は仕事中で電話番号分からんと言ったら「チェッ」と舌打ちして駐車場の住所を教えろと言うもんだから住所を教えるとそそくさ電話を切られる。


自分勝手に連絡してきて舌打ちまでしやがって。今度会ったら怒ってやろうと思ってたら手続きの終わった兄弟が家に来た。


かなり痩せた兄弟を見て、怒る感情がが心配になり「痩せたな」と声を掛けた。


そこから10分ほど話をしたのですが、改めて営業の大変さを思い出した。私も営業職の時は週6で朝9時〜23時勤務がデフォルトだったのですが、兄弟もかなり忙しいみたいで休みは週1回らしいです。


介護職に転職した頃、あまりにもの薄給なので営業職に戻ろうかと真剣に考えたことがありました。


戻らなくて正解です。戻ってたら育児が全て妻になるので、妻がぶっ倒れてしまいます。


その点、介護職はいいです。決まった時間に終わって帰るので育児も分担できます。


お茶だけ飲んで、店に戻る為、車に乗り込む兄弟の姿を見て「体だけは気をつけろよ」と言っときました。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。奥さんが勤められても供養手当ての支給は継続をされていますか?
Posted by めちこ at 2013年06月18日 20:46
>>めちこさん
残念ながら扶養手当がないです・・・
Posted by トモ at 2013年06月18日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]