2013年05月27日

必要な人に生活保護を

大阪市北区天満のマンションの一室で、母子とみられる2人の遺体が見つかった事件で、母親とみられる女性が、現金をほとんど所持していなかったことも判明。 室内の電気やガスが止められていたほか冷蔵庫もなく、母子が困窮状態に陥っていた可能性が高い。 部屋から見つかった運転免許証や乳幼児医療証などから、 亡くなったのは井上充代さん(28)と息子の瑠海ちゃん(3)とみられる。


部屋から「最後にもっとおいしいものを食べさせてあげられなくてごめんね」とのメモが発見されている。


なんでこうなる前に生活保護を受けれなかったんだろう。申請したけど、受けれなかったのか。それとも申請しなかったのか。


幼児は私の息子と同じ年齢で想像するだけで涙が出そうになる。こういう事件を見るたびに心が痛む。不正受給を取り締まって、必要な人が受けれるようにしてほしい。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 15:20| Comment(2) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても悲しい事件ですね。本当に必要な人に生活保護は渡っていないようですね。いつも犠牲になるのは弱者ですね(ToT)
Posted by まりも at 2013年05月28日 06:37
>>まりもさん
本当に考えさせられる事件です。同い年の息子を持つ親としては心が痛みます
Posted by トモ at 2013年05月28日 21:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]