2013年03月27日

夜勤明けは腰が痛い。

人に介護技術を教える時はボディメカニクスを意識した介助方法を教えるが、自分一人でやる時はボディメカニクスを無視した介護をしている。


自分の体を守るためにはボディメカニクスを利用した方がいいのだろうが、時間効率を考えた場合は我流の方が時間短縮できる。


排泄介助、ベットへの移乗、車椅子への移乗の基本はベットの高さを自分に合わせてやるのですが、リモコンでベットの上げ下げの操作するのがめんどくさいので、ついついそのままの高さで介護してしまいがち。


だから夜勤明けの日は腰に負担がかかり腰が痛い。なんせ1人で30人を見るんですから日勤との疲労度が全く違ってくる。年だしやっぱり基本のボディメカニクスを利用した介護をしないといけないです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 10:22| Comment(2) | ボディメカニクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
そろそろ息子くんの
診察だね
もう、どんな結果でも
受けとめる覚悟は出来てると
思うけど、
お互い親として頑張っていきましょう
Posted by MURA at 2013年03月27日 12:59
>>MURAさん
今日が診察の日です。どんな結果になるのかはまだ判りませんが、受け入れようとは思っています。
Posted by トモ at 2013年03月28日 08:41
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]