2013年02月18日

腰痛予防

腰痛予~1.JPG


介護職は無理な体勢での介助、基本の介助をしていない人は腰痛を患う。腰痛を予防するため、大半の人がコルセットしたり、接骨院に行ったりしています。


ボディメカニクスを利用した介助をすれば腰痛予防になる。 ボディメカニクスとは、人体に外部から重力や抵抗が加えられた時に、筋肉や骨、関節などが関連しあって起こる姿勢や、動作のことです。 小さな力で大きな物を動かしたり持ち上げたりする事ができ、女性が多く活躍している医療業界では必須の技術です。


頭では分かっていてもボディメカニクスを無視した我流の介助になりがちです。例えば、オムツ交換で居室を回る時はベットの高さを調整してオムツ交換をして、終わればベットの高さを元に戻します。一部屋だけだったらベットの高さを変えてやるんですけど、これが複数の部屋になるとめんどくさくて、いちいちベットを上げたりしません。そうすると腰に負担がかかります。


めんどくさいし時間もないからついついボディメカニクスを無視した我流の介護になりますが、自分の体を守るためにもボディメカニクスを利用した介助が腰痛予防になります。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 10:20| Comment(0) | ボディメカニクス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]