2013年02月16日

中途入社の強み

介護職は中途入社が多いです。シスエムエンジニア、営業マン、飲食店の店長、さまざまな職種を経験してきてる人がたくさんいます。30歳過ぎて未経験でも入社できる介護業界は、中途入社にとって非常にありがたいです。


中途入社には中途入社の強みがあります。介護業界で生きてきた人と違うものの見方をします。私が入社したころ、帰宅願望が強い入居者がいました。毎日、部屋の荷物をまとめて玄関まで持ってきて、自宅に帰ると仰ります。認知症の方で旦那さんが亡くなり、家を売って入居された経緯の方です。


先輩職員は「今日は雨が降ってるので辞めておきましょう」とか「今日は息子さんが来るのでお部屋で待ちましょう」等の声掛けをします。入社1週間で判ったんですが、その女性は入居して8カ月同じよう行動をしていることを知りました。


そして入社1カ月経つ頃に先輩社員に質問してみました。入居して9カ月も同じやり方だと、帰宅願望はなくならいのではないか?先輩社員は認知症についてこと細かく説明してくれ、帰宅願望はなくなるもんじゃないと答えた。入社1カ月なので「そんなものかな」程度でその場で話は終わりました。


そして入社4カ月目にその女性の担当になりました。女性は入居して1年を経過していますが、相変わらず帰宅願望はなくなってません。家族も帰宅願望が最大のネックだと私に言うものですから、家族、ケアマネジャー、生活相談員と話した結果、本人に本当のことを言ってみようと私が提案し、本人に優しい口調で尚且つ柔らかく話をしました。現実を受け入れられないのか最初は戸惑ってましたが、納得されました。


すると翌日から帰宅願望が消えたんです。帰宅願望が強く、昼夜関係なしに知り合いに「ここから出して」と電話していた人がぴったり電話しなくなり、荷物をまとめることもなくなった。これには私もビックリしましたが、同時に他の職員も私と同様でビックリしてました。


初めに私に説明してくれた先輩は介護経験も豊富で素晴らしい人だと今も思ってますが、私に説明した内容は全て本に書いていることです。本に書いてあることは正しいことだと思いますが、人間相手の仕事は本に書いてあることが合っているとは限らないのです。


私のやり方は今回、たまたまうまくいっただけで、本に書いてあることは基本です。しかし、介護経験しかない人は視野が狭いので本に書いてある通りに忠実にやる人が多い(私の施設限定ですが)


私の場合、違う見方ができるのも他業種(転職10回以上)を経験した結果かなと思います。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 11:45| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]