2019年04月21日

酒を飲んでも飲まれるな


 
 人気の音楽パフォーマンスグループ「AAA」のリーダーで、リードボーカルの浦田直也容疑者(36)が、東京都内のコンビニエンスストアで、面識のない女性に暴行した疑いで警視庁に逮捕された。

 逮捕された浦田直也容疑者は、19日午前5時ごろ、東京・中央区のコンビニエンスストアで、面識のない20代の女性に声をかけ、女性が誘いに乗ってこないことに腹を立て、女性の頬を平手打ちした暴行の疑いが持たれている。

 当時、浦田容疑者は、酒に酔っていたという。

調べに対し、浦田容疑者は、「酒に酔っていて覚えていない」と容疑を否認していて、警視庁は、女性を暴行したくわしい経緯について調べている。




36歳にもなってコンビニでナンパするってどうなの? AAAは歌の上手い男が一人いることぐらいしか知らない。紅白にも出たことがあるけど、アラフォーのオッサンからしたら何を歌っているかは知らない。



消えそうでなかなか消えないグループとイメージ。



事件を起こした草gや前園もそうだけど、テレビではかなり好印象に見えてもお酒を飲むと気が大きくなるんだろう。



私はあまりお酒を飲まない。アルコールが受け付けない体質ということもあるけど、顔が真っ赤になってしまい気持ち悪くなる。だから酔っぱらうことはないし、飲んでも3杯までと決めている。気持ち悪くなって吐いたりすると格好悪い。






貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 00:31| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月20日

人生は最後まで分からない




東京・池袋で高齢男性の乗用車に自転車の母子がはねられ死亡するなどした事故で、車は二つの交差点に赤信号を無視して進入していたことが、警視庁への取材などでわかった。ブレーキをかけた形跡はなく、加速しながら次々と通行人をはねていた。同庁は、負傷して入院した男性の回復を待って自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)容疑で詳しく事情を聴く。

 交通捜査課によると、19日午後0時25分ごろ、豊島区東池袋4丁目の都道で板橋区弥生町の無職飯塚幸三さん(87)の車が道路左側のガードパイプに接触後、赤信号だった約70メートル先の交差点で男性をはね、速度を上げながら次の交差点にも赤信号で進入。自転車で横断歩道を渡っていた松永真菜さん(31)と長女莉子ちゃん(3)がはねられ死亡した。他の歩行者ら6人と飯塚さん、同乗していた80代の妻も重軽傷を負った。

 飯塚さんの車のドライブレコーダーには、ガードパイプ手前のカーブから徐々に加速する様子が記録されており、信号無視の様子も映っていた。ガードパイプへの接触からトラックに衝突して止まるまでの約150メートルの間、ブレーキをかけた形跡はなかった。同課は現場の法定速度50キロを超えて走っていたとみている。





車の免許は75歳から一定の試験をクリアしないと免許の更新ができない。今回の事件を考えると判定基準が甘すぎるとしかいいようがない。



87歳なんて男性の平均寿命を超えているし、犯人の男性は自立で歩行することができず、普段は杖歩行で歩くのさえままならない。判断力も低くなっているので、アクセルとブレーキを間違えた。



ただ、青信号を歩いていただけの母子が無念でならない。それと遺族にインタビューするマスコミは相変わらずクソだな。わざわざ気持ちなんか聞く必要ないし、遺族の気持ちは分かるだろう。



87歳の男性は、ネット上で旧通産省・元工業技術院長、天下りでクボタの元副社長であったとの情報が流れている。



これが事実であれば 、輝かしい経歴がパー。なんせ、人の命を奪ってしまったのだから。



これだけの経歴であれば、子供や孫に囲まれた人生を歩んでいただろう。自慢のお父さん、おじいちゃんが、ある日車で人を轢いて殺した人になる。



東大卒だろうが、旧通産省の官僚だろうが、大企業の副社長だろうが、人生は最後まで分からない。







貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

やよい軒のおかわり有料化は悲報




定食チェーン「やよい軒」が16日から、これまで無料だったご飯の「おかわり」を関東の一部店舗で試験的に有料化する。やよい軒を運営するプレナスの担当者が毎日新聞の取材に明らかにした。有料化するのは全国378店舗のうち、東京、千葉、栃木、茨城の4都県の12店舗(約3%)。




おかわりをしている人もしていない人も同じ値段を払うのは不公平とかで有料化を導入するらしいが、やよい軒をこよなく愛する人間として物申したい。



私はやよい軒の白飯が好きで好きでたまらない。



味噌カツに定食を頼めば3杯は食べれる。



吉野家の定食が時間限定ではあるけどおかわり自由にしているのにやよい軒が有料化なんて甚だしい。



時代に逆行しとるやないか。










長男が1歳の時。家計は火の車で2000円を握りしめて、家族3人でやよい軒に行った。



お金がない家族にとって、やよい軒の存在は凄く有難かった。



定食を2つ頼んで、妻と長男は分けて食べる。私はチキン南蛮定食か味噌カツ煮定食で腹いっぱい白飯をおかわりする。おかずがなくなっても卓上の戦士である高菜の漬物でどれだけ食べたことか。



やよい軒の経営陣に物申す。



赤字経営であれば、致し方がない。もし、利益が出ているのならおかわりは継続していただきたい。



今はそれなりの給料を貰っているけど、8年前、9年前はどん底の生活をしていた。そんなどん底生活の人間でも700円とかで、腹いっぱい食べれるというのがやよい軒だった。



格差社会は広がる。私のような人間は日本に少なからずいる。そういった人間を腹いっぱいにさせてくれるのが、やよい軒であることを伝えたい。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:44| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする