2018年10月23日

介護離職ではなく介護不倫がある



40〜50代の働き盛りの労働者が仕事と介護の両立ができなくなり退職するのを介護離職と言う。巷では介護離職ではなく、介護不倫に走る人がいるようです。自宅で義理の親の介護に疲れているのに夫は協力的ではない。もしくは、一回り以上、年の離れた夫の介護に疲れる50代後半の女性が親身になってくれる男性に心ではなく身体を許してしまう話まである。



私が介護業界に転職したのは有料老人ホームだった。有料老人ホームのコンセプトは自分の親でも入居させたい施設にしようだった。そのコンセプトは今のデイサービスでも使っていて、自分の親を通わせたいデイサービスを作ろうとスタッフを引っ張ってきた。



30代の私と比べても、お年寄りに残された時間には限りがある。私が不慮の事故死でもしない限り、私がお年寄りより先に死ぬことはない。



施設勤務でもデイサービス勤務でも残された人生の中で、「この施設に入居して良かった」「このデイサービスに通って良かった」と思える介護をしていきたいと考えている。残された人生の中でその人が生きてよかったと感じれる瞬間を提供したい。



自分の両親、義理の親、夫、妻を在宅介護して介護疲れが出ている人はどうなんだろう。在宅介護のゴールは介護している人が死んだ時。「早く死んでほしい」と思いながら介護しているとしたら少し寂しい気持ちになる。


その上、介護不倫に走られるとたまったもんではない。



日本は世界の国々と比べても、急激に高齢化が進んでいる。超高齢化社会が来ると予測できているのに、万全な対策を立てていないから、介護殺人、介護離職、介護不倫のような問題が起こる。



政治家にはその場しのぎの対策ではなく、改善できる対策を練って欲しい。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 20:41| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ワーキングプアーが考えるお金のこと




借金返済系のブログを読みます。多額の借金があるのにギャンブルしてさらに借金を増やしている記事を読むと幸せな人なんだなと思う。多額の借金のある知り合いが、0からどこまで多くのお金を使うことがその人間の魅力みたいなことを話していた。



要は貯金一億円でも借金一応も同じと言いたいのだろうけど、私は自分の借金を正当化したいだけと、軽蔑している。



その知人は、事業を失敗させて3000万円程の借金を背負い、離婚して家族はバラバラになっている。


サラリーマンを辞めて個人事業主になり、時代にの流れに乗って5年は食っていけたが、ラスト10年は惰性でやっいた。辞める判断ができずにズルズル続けて借金だけを増やして多くの人に迷惑をかけている。債権者に迷惑をかけているのに貯金も借金も同じと言える神経を疑いたいとこですが、逆を返せば、そういった神経の持ち主だから事業に失敗して借金を背負った。



私には借金はありませんが、いつも危機感を感じて生きている。介護業界に転職して8年目でやっとこさ年収400万円をクリアできるとこまできたがお金に関して不安がある。手取りが増えたとこで、子供のことを考えると贅沢なんかできない。妻も私と同じ考えでまずは子供を優先して自分達のことは後回しに考えている。



だから簡単に仕事を辞めるという判断なんかできない。



事業で失敗した知人は10年間も借金して事業を継続させた。自分の給料もまともに取れない状況で月々の生活費を借金で賄うのはギャンブルの借金はギャンブルで返すのと同じ思考。



私の人生、大きな成功はないがリスクもない。雇われの身である以上は、他人に迷惑をかけることもない。



とは言っても、将来に不安がある。子供を育てることを考えると、おのずとお金は必要。



手取り27万円では足りない。



できる限りのリスクは回避して大金ではなく、月々数万円入ってくれる仕組みを作れたらと考えている。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 19:40| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月22日

仕事以外の収入を作らないと




与沢翼はドバイ在住で投資家として活動している。投資家として数十億円の年収を稼ぐ傍ら、複数の不動産を所有。投資、ビジネス以外にも家賃収入、配当を得ている。



完全復活したというより前より金を稼ぐことに関してパワーアップしている。日本在住の時は情報商材というグレーな稼ぎ方でお金を稼いでいたので詐欺師と罵られることもあっただろうけど、法人税滞納問題から数十億円まで稼いでいるのだから与沢翼はお金を稼ぐ力は本物。



匿名の人間が与沢翼を叩いても稼いでるのに変わりはない。叩かれる人間は主役で、叩く人間は脇役。叩かれる人間は、叩いてくる人間のことを鼻くそとも思わない。



叩く側の人間からすると、違う次元で生きている。



私は今の会社での収入の天井は年収500万円ぐらいがライン。頑張っても年収500万円に対して天井がない投資家。やはり、人並み以上のお金を得るには雇われ以外のとこで稼がないといけないことに気づかされる。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:00| Comment(0) | 与沢翼 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする