2018年09月12日

介護福祉士の専門学校の定員充足率は44・2%



介護現場で指導的役割を担う介護福祉士を養成する学校への今年度の入学者数が過去最低を更新する一方、外国人留学生が倍増し、全体の約6分の1を占めることが、日本介護福祉士養成施設協会(東京)の調査でわかった。海外で日本の介護市場への関心が高まる一方、介護職を目指す日本の若者の減少には歯止めがかかっていない。


協会が介護福祉士の養成課程がある全国の大学や専門学校など365校について調査、集計した。今年度の入学者数は6856人と5年連続で減少し、定員に対する割合(定員充足率)は44・2%にとどまった。




2000年頃の介護福祉士の専門学校は定員があって試験に落ちて入学できない人までいたぐらい人気がありました。大阪では美容師の専門学校に介護福祉科ができたくらいです。それだけ人気があったのに10年前から専門学校での定員割れがニュースになり、現在は44・2%まで下がり介護福祉科を閉鎖せざるを得ないとこまで来ています。



子供の減少もありますが、薄給で重労働や人手不足の環境がテレビなどでクローズアップされれば、おのずと親や学校の先生なんかも積極的に介護の道に勧めることはしないでしょう。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:00| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月10日

確実に毎月3万円貯金できる方法




つい最近まで、収入ー生活費=貯蓄のスタンスで貯金していました。余った分を貯金しようと。手取り23万円から27万円に増えたのに貯金できずにいた。それもそのはず、禁煙した人が毎月タバコ代に消えていた1万円を貯金できるかと言えばそうではない。タバコ代1万円浮いたとこで他の物に消費するように手取りが4万増えたら違うとこにその4万円を遣う。



家計のお金も同じことが言えます。例えば、8月は収入27万円に対して25万円遣って2万円余って普通口座に入れておく。9月は2万円多めに遣っても大丈夫。だって、家計はトントンだから9月は29万円遣えると自分に都合よく脳内変換されます。




これではお金は貯まりません。



だから考え方を収入ー貯蓄=生活費に変えました。給料27万円が銀行口座にキャッシュインしたらとりあえず3万円を別口座に入れて、24万円で遣り繰りする。何かしら必要になったら別口座からおろせばいい話だし、微々たる金額ではあるけど賞与もある。



そんな感じでお金を貯蓄するスタイルを変更したらお金が貯まりだした。このペース行けば40歳までに100万は貯まるはず。



微々たる金額だけど、銀行口座の残高が少しずつ増えていくと、貯金が楽しくなります。妻もいざという時にお金があった方が良いという感じなので納得している。結婚して11年が経とうとしているので、電化製品がいつ壊れるか時間の問題。冷蔵庫が壊れてお金がないので冷蔵庫買えませんてのは不便。



いつ、何があるか分からないので、100万円ぐらいの余剰資金は作っておきたいところです。



収入ー貯蓄=生活費にしてから本当に必要なもの以外買わなくなった気がします。



前は妻が「可愛い」って思えば即購入していましたが、今は本当に必要な物しか買わない。食材も必要以上の量(お菓子、カップ麺のストック)を買わなくなってる。




収入ー生活費=貯蓄から収入ー貯蓄=生活費変えただけで、貯金がこんなに簡単にできる。



貯金しているほとんどの人は実践しているかもしれませんが、貯金ができない人は、収入ー貯蓄=生活費を試してみる貯金できますよ。






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 10:40| Comment(4) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仕事が楽しいと言い切れる




介護業界に飛び込んだ7年前は手取り17万円ほどだった。妻一人、子一人を養うので精いっぱいというか、家計は赤字。営業職時代の少ない蓄えをチビチビ使い、食材なんかは実家に貰いに行って凌ぎました。



その後、4年目で施設長まで昇進して手取り25万円になったが、責任の重さから鬱症状が出て転職。手取り19万円の介護職になったけど、精神は安定。月8回夜勤をこなして無理やり手取り20万円台に乗せていた。



またもや人間関係で悩み退職。大手有料老人ホームに転職するが、クレアチニンの数値が急激に高くなって緊急入院で退職。思い返せば2015年、2016年は仕事が安定しなかったので、家族に不安な思いをさせた。



2017年はデイサービスの管理者に抜擢されて手取り23万円、現在は係長に昇進して手取り27万を貰っている。今の会社に転職して3年目。仕事を続けることで収入も低いながら安定しているし、小さな組織ですが係長という役職について権限がある。



営業職を続けていたら今頃はどうなっていただろう? たぶん手取り27万円は貰えてないだろうし、勢いのある若手に抜かれて会社に居づらくなって退職。続けていても箸にも棒にもかからなかったと思う。



そういったことを考えると7年前に介護業界に飛び込んだ選択は間違っていなかった。



介護業界で仕事をするまで、楽しい仕事なんて無いと思い込んでいた。今は毎日、仕事が楽しい。大変なこともあるけど、それを乗り越えた先に楽しいことが待っている。



だから大変なことも含めても仕事が楽しいと言い切れます。






貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 01:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする