2018年08月14日

ビッグボーイの帰りに我に返る




なんかこの時期になると、毎年書いている気がするけど一応書いておく。




私にお盆休みはない。




介護業界に転職して8年目になるけど、まとまった連休って取ったためしがない。1週間ぐらい休みをくれないかなと、思ってみたが、転職回数が多い分、まとまった休みは普通の人より多いことに気がつく。



夏休みだから夜は外食にでも連れて行ってあげるかと、ビッグボーイに行って会計6000円弱。次男はキッズメニューを頼んだけど、普通のメニューを頼んだら6000円は超える。子供が成長していく姿を見るのは嬉しいが、出ていくお金も増えていく。次男が小学校に上がるタイミングで、妻にはパートに出て貰わないといけないかも。



私の手取りが27万円。妻が扶養の範囲内で8万ぐらい働いてくれれば、手取り35万円の世帯になる。これだと塾とか部活動とかの習い事でお金がかかっても遣り繰りできそう。



ビッグボーイの帰りにそんなことを考えていた。





貧乏日記 ブログランキングへ





posted by トモ at 00:40| Comment(10) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月12日

人生のリスクは回避すべき




年収300万の人はリスクを背負うことから逃げるから年収300万円で、年収1億円の人はリスクがあってもリターンを考えるという記事を読んだ。



書いていることは至極、当然のことであるが、年収1億円の人は労働人口の0.1%以下の人。その0.1%以下の人を引き合いに出されても何?てな感じ。ざっくりとした割合だけど、年収300万以下の人が全体の4割近くを占めています。



リスクは取らないほうがいい。家族がいると尚更です。だからお前は貧乏なんだと言われようが、雇われの身分はある程度の保証があるので楽。下手にリスクを取って失敗したら家庭崩壊なんてことも考えられます。



私が保守的な考えになったのはデイサービスを立ち上げが大きかったかもしれない。デイサービスの立ち上げに携わったことで、人生においてリスクは回避するべきだと再確認した。短期間でデイサービスを軌道に乗せたとは言っても、投資分を全額返済しようとなると3年半かかる。借金でもしてデイサービスを立ち上げていたら1年くらい給料がまともに取れない。



Facebookの創業者であるマーク・ザッカーバーグは、「一番リスクが高いのはリスクを取らないこと」という言葉を残しているが、それは彼が限られた極わずかな成功者だから。



この年になると、そんな言葉に感銘を受けて起業しようなんて気はさらさらない。



私が掲げるのは無借金で家族4人で生活することです。







貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 00:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月09日

「持っている」かもしれない




近隣のデイサービスがどれくらいの時給で求人を出しているか調査した。一番高いとこは1300円で一番安かったのは950円だった。介護職で1300円はなかなか良い時給。1日8時間働けば日当10400円。月に22日稼働すると228800円。年収にすると約270万円ってとこです。



有料老人ホームで施設長をしていた時に、鬱症状がでたことがあります。その時は職場に行くのが嫌で嫌でしょうがなく、現状から逃げ出したくてありとあらゆる求人誌を眺めていた。



次男が小さいのに時給1000円のアルバイトの求人を見て、1日8時間労働で日当8000円。月に20日働いて16万円で生活と本気で考えたこともあった。今考えると無謀でありますが、鬱症状が出ている時は自分の心が不安定になるくらいならアルバイトでええわと、自分に言い聞かせていた。



一刻も早く現状から逃げ出したい一心だった。



妻もそんな私の精神状態を見て、次男を保育所に預けて10万ぐらい稼ごうかと提案してくれた。



まあ、転職したことでアルバイトはせずに済んだんだけど、あと一歩遅ければプレッシャーに押しつぶされて精神が崩壊してアルバイト生活をしていたかもしれない。



そう考えると、自分はギリギリのとこで生かされているというか逃げきれている気がする。2年前の緊急入院だってそう。一歩遅ければ、透析患者になっていた可能性もある。



本田圭祐はW杯3大会連続でゴールを決めて「持っている男」だと言われているが、私もギリギリのとこで生きれているので「持っている」のかもしれない。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:57| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする