2018年03月20日

年収にはこだわりたい



平成28年分の「民間給与実態統計調査」によれば、1年を通じて勤務した給与所得者は4,869 万人(男性 2,862 万人、女性 2,007 万人)。その1人当たりの平均給与は422万円(男性521万円、女性280万円)となっている。


サラリーマンの平均年収は400万円台であることは知っていたが、男性のみだと平均年収は521万円。


2017年の年収


150万円も開きがある・・・・


年収がすべてではありませんが、妻子を養う男としては年収には多少なりともこだわりを持ちたいと考えていいる。全く気にしなくなったら私のことだから年収308万円に逆戻りってこともある。


稼いでる人からすると、年収308万も年収371万も変わらない低所得者に見えるかも知れない。しかし、年収308万で家族4人が生活するのは難しく、年収371万だと、なんとかやっていけるレベル。年収308万は難しいというより詰んでる。


この調子で行けば、今年は年収400万円の壁を突破できるペース。ブログ始めて6年目。2018年の後半に年収400万円だったと報告したい。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:58| Comment(4) | 年収 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

松屋の牛めしが値上げ



松屋フーズ は20日、原材料費や人件費の上昇に対応し、4月3日午後2時から一部商品の値上げを行うと発表した。値上げは、2014年の消費増税時以来4年ぶり。牛めし(並盛)は290円から320円に引き上げる。

同社によると、政府によるセーフガード(緊急輸入制限)の影響も含め牛肉は前年同時期に比べて38%、米も同8%高くなっている。また、アルバイトの時給も上昇傾向が続いている。

「松屋」の約4割の店舗で販売している「牛めし(並盛)」は320円(現行290円)になるほか、約6割で販売している「プレミアム牛めし」については、並盛を380円で据え置き、大盛を520円から530円へ値上げする。

かつて価格競争を繰り広げた牛丼各社は、牛肉や米の価格上昇に苦しんでいる。ゼンショーホールディングス が展開する「すき家」は、昨年11月から牛丼大盛を470円から480円に引き上げている。



ワーキングプアの味方である松屋の牛めし並が40円値上げ。40円値上がりしたとこで、松屋の牛めしは味噌汁ついた値段設定なのですき家に比べると、まだまだ余裕で安い。


大盛りはすき家より90円安いですからね。


私としては松屋の牛めしに人気がないのは意外。松屋は定食が人気だけど、定食食べるならやよい軒で松屋は牛めし一択です。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 21:37| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年03月19日

なんとかして逃げる加害者を捕まえたい



大阪市北区の加害者宅に送迎担当者と二人で行ってきましたが、不在で会えずに悶々と怒りが出てきます。


接触事故に遭う


交通事故の加害者逃げる


連絡も取れず、自宅に伺うも不在で接触できず。事故当時は、連絡先を交換して「保険会社から連絡が入ります」を信じて待っていたが連絡なし。


無保険で車を乗っていたことも考えられ、その場しのぎで「保険会社から連絡が入ります」と言った可能性もある。


こういった人の道を外れた人間に車を運転する資格はあるのか?


とりあえず、交通事故証明書を申請して加害者の情報を得る。デイサービスの車は弁護士特約有で契約しているので、弁護士の先生に相談しよう。



貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする