2018年02月12日

介護職は30代フリーターでも正社員を目指せる職種です



以前、okoさんからコメントを頂きました。



いつも拝見しています。
私も訪問ヘルパーを5年ほどしています。
もうすぐ40歳になる非正規で働いている息子がいます。
本人は独身だし、それほど今の状態に危機感を感じていないようなのですが、親としては先のことを考えると、安定した職業についてほしいのです。
それで、介護業界はどうかと考えたのです。
この年齢から、介護の世界でステップアップするには、どうしたらよいのでしょうか。
まず何から始めればよいのでしょうか。
本人ではなく、親がこんな相談をすること自体おかしいかもしれませんが、教えていただけたら幸いです。



私の親も同じ気持ちでした。結婚して子供がいるのに営業職を転々としている息子。いつも私と一緒になった妻を不憫に思っていたそうです。介護職に転職しても数回転職しましたが、一つの分野で働いていること、施設長やサ責、管理者を経験しているので安心しています。



30代で介護職に転職する場合


38歳の私が未経験で介護職に転職するのだったら、オープニングの特養、有料老人ホーム、サ高住に転職します。デイサービスや訪問介護といった職種もありますが、施設系に比べると給与がグッと下がります。


施設系であれば、夜勤4回して手取り17万〜20万。賞与は特養で3カ月〜4カ月。株式会社が運営する有料は2カ月〜3カ月ぐらい。


デイや訪問の介護職員は手取り16万貰えたらいいところ。賞与も年に2カ月あるかないか。20代であれば我慢できても30代ではちょっと厳しい金額になります。実家暮らしの独身とかだったらなんとか生活はできるぐらい。


まずは施設系に転職してある程度の収入を得ながら3年我慢する。3年経てば介護福祉士の受験資格が貰えるので、介護福祉士を取って相談員などの仕事の幅を増やす。


できるだけできあがった組織より、これから複数の施設を展開していく会社に転職することをお勧めします。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 23:12| Comment(3) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月09日

平成30年度の介護報酬の改定で売上はどうなる?



デイサービスの1日の売上が10万〜12万でで推移している。1月は正月の三が日が休み、2月は28日までしかなく、稼働する日が少ないので300万に乗せることができませんが、3月の売上は300万を大幅に超えそうです。売上が上がっても経費は決まっている。ここからは売上が上がった分が利益になる。訪問介護事業より小さな組織で訪問介護事業以上の利益が出せる。



平成30年度、通所介護サービスの介護報酬改定の参考資料を見ました。今まで通りの運営であれば、売上の減少、もしくは横ばい。加算をうまく組み合わせて、デイにいる滞在時間を少し伸ばせることができたなら売上アップも可能。


うちは大規模ではなく、地域密着型なので大きな打撃を受けることはない。


大きく変わるのは提供時間である。今までは、通所介護の基本報酬は2時間ごとの設定としているが、事業所のサービス提供時間の実態を踏まえて、基本報酬のサービス提供時間区分を1時間ごとに見直される。


利用者の単位数の問題もありますが、ケアマネとの交渉次第で売上が変わるだろう。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:18| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月07日

赤の他人から400万以上も貰えるか?



秋篠宮家の眞子さまと小室圭さんの結婚の延期が発表された。延期の原因は小室圭さんの母親が金銭トラブルを起こしていることらしい。


小室圭さんの母親は旦那が他界した後に女で一つで小室圭さんを育てた。これだけを聞けば美談に聞こえるかもしれないが、どうやら闇があるよう。


簡単に説明すると、母親が元婚約者から400万以上の援助を受ける。元婚約者が婚約を解消して貸したお金400万以上を返金を求めるも、あれは貰った物で贈与。借りたわけではないので返しませんと拒否している。母親だけでなく小室圭さんも同席して母親と同じことを話して返金を拒否。


赤の他人から400万円以上を貰ったと言い切る小室親子の神経は異常だと思う。女手一つで育てて大変なこともあったと思いますが、男から銭を引っ張って大学に行かせたと取られても仕方がない。


被害者は元婚約者。ネットの情報ではあるが、400万円が返金されなかったことで家のローンの支払いが止まり自宅を売却しているという。そういったところから婚約者は富豪ではなく、家のローンを支払うのにも四苦八苦している生活だと言える。


小室親子には、婚約者がいたから圭さんがICUに進学し、アメリカ留学にも行くことができて、さらには小室家の生活が成り立っていることを自覚してほしい。


私には娘はいませんし、皇族でもないただの貧乏一家の主です。もし、娘がいてもそういったところに娘を嫁がせたくない。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:13| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする