2018年02月26日

ワーキングプアとすき家




食に対してあまり興味がないので、一人の時は牛丼やラーメンを食べることが多く、毎日同じものでも苦にならないタイプの私。長男、次男の出産で妻が里帰りしている時は、すき家ばっかり行っていた。当時、すき家は他の牛丼チェーン店が値上げしても現状維持の価格帯で提供してくれた。


節約生活にはすき家


しかし、いつの頃かじわじわと値段が上がり始めた。


お昼ご飯に850円もかけれる身分ではない


昨年、すき家でネギ玉牛丼を食べて850円という記事を書いた。


頭の中ではすき家は高い。牛丼を食べるのなら松屋で牛めしと路線変更したつもりだったが、そのことを忘れててうっかりすき家に入ってしまった。


私の中ですき家=ネギ玉牛丼なので、迷わずネギ玉牛丼特盛のサラダセットを注文。


すき家って牛丼を持ってきたときにすかさぜレシートをサッと置くのだけど、置かれたレシートから910円の数字が見えた。


ネギ玉牛丼は美味しい。特盛はお腹いっぱいになる。サラダセットは野菜も摂れて味噌汁も美味しい。それらを含めても牛丼に910円は高い。


910円もあれば、定食屋で焼肉定食とか食べれるレベル。安いが牛丼のウリなのに定食と変わらん値段だったら定食を選ぶ。


牛丼を食べたくなったら松屋以外は食べないことにしよう。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 01:15| Comment(4) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小比類巻貴之の横領疑惑



立ち技格闘技「K−1」を運営する株式会社M-1スポーツメディアが23日、K−1 WORLD MAX2004、05、09年日本王者の小比類巻貴之氏(40)を業務上横領罪等で刑事告訴する手続きを進めていることを明らかにした。




K−1ヘビー級は世界相手に日本人選手がコテンパにやられていましたが、K−1MAXは70キロ以下級ということもあって、日本人選手が世界と渡り合える階級だったので、かなり見ていた。


小比類巻貴之は、魔裟斗とK−1MAX(70キロ以下級)を引っ張ってきた選手。魔裟斗のような派手さはないが、地道に努力するタイプで、付いたあだ名はミスターストイック。


2002年に行われたK-1 WORLD MAX 日本代表決定トーナメントのドキュメンタリーで線香の束を腕に押し当てるという武道家の本を読み、強くなりたいという気持ちで自分もやるという人間。


火傷の跡が痛々しかったのを覚えている。


最近、小比類巻を見たのはAbemaTVで放送されていた格闘代理戦争という番組。魔裟斗、山本KID、武尊、小川直也が推薦したアマチュア選手がK−1ルールで戦うという趣旨の番組で、打撃経験の少ない小川直也推薦選手のサポート役をしていた。


現役の時と変わらずに真面目に指導をしていたが、色んな問題を抱えていたなんて・・・・


今のところ小比類巻は横領を否定しているが、刑事告訴されるということは何かしらの金銭トラブルがあったのかも。


K−1発展の為に動いてきた人間なので間違いであってほしい。



貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 00:37| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月25日

仕事にプライドを持つ



たまーに、「底辺の仕事ができますね」などのコメントがきます。


底辺の基準ってなんですか?


普通の仕事って何?


人それぞれ十人十色です。


ブログを5年もやっていると、耐久性ができてコメントでイラつくことはありません。1年目とかは凹んだりむかついたりすることもありましたが今は何も感じない。


「あ〜、また来たな」てな感じで、北斗の拳のトキのようにサラッとかわすことができます。


私は仕事に誇りを持っている。今の仕事が天職であると言い切れる。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 17:33| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする