2017年09月22日

足の引っ張り合いは醜いです



年商10億に満たない会社に勤めています。訪問介護事業をメインとしているので、正社員は少なく全体の8割が非正規社員です。


過去最高に小さな会社に勤めたことで、入社1年に満たないのに新規事業であるデイサービスの管理者を任されることになりました。出世には興味がないですが、小さな会社で給料を増やすには役職に就かないと給料が上がりません。平社員で、家族4人が生活できるくらい平社員でいます。


訪問介護職員で手取り260万〜280万、サ責で300万〜320万といったところ。サ責止まりでしたら家計が赤字です。


月に1度、本社で管理者が集まって会議をします。上場企業の営業職として働いたことのある私としましては内容の薄い稚拙な会議に思えます。そんな薄っぺらい会議で醜い足の引っ張り合いがあります。


出る杭は打たれるという言葉がありますが、古参の幹部は出てもいない杭を打ちに行きます。そして打たれ弱い人間は退職の道を選びます。そして組織内は混乱に陥る。売上が横ばいどころか減っている状況なのに、小さな組織で足の引っ張り合いをしていては成長どころか経営が苦しくなるばかり。


そんなことを考えながら、5回目の本社会議にでましたが、役員がとんでもない発言をしました。なんとデイサービスの2店舗目を出店するとのことです。


まだ、1店舗目が損益分岐点に達していないのに。


年の近い幹部社員に少し話を聞いたのですが、私に2店舗の運営を任せる話も出ているみたいです・・・・・


2店舗目の話がおじゃんになることを祈るばかりです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月21日

労働時間を時間給に計算しなおすととんでもなく安かった



先月のタイムカードを見て、ふと思いました。一体、自分は月に何時間働いているんだろうと。


green_ookawatime20141024223702_TP_V.jpg


8月は勤務時間は218時間でした。


我ながらよく働いたと感心しましたが、自分の時給は一体いくらなんだ?との疑問が出ましたので計算してみることにしました。218時間×12で年間の労働時間が2616時間。そんで、年収350万だから年間の労働時間で割ると、時給1337円


「安って」言いたくなるような時給で情けなくなりました。介護福祉士を取得しているパートさんとあまり変わらない時給です。


ちなみに年収400万だと時給は1530円です。


それでも安い・・・・・・



年収を上げるためには時間給を上げる


デイサービスは、売上に上限があり尚且つ決められた労働時間しか働けないので、年収を増やすためには時間給を上げるしかない。


時給が2000円になれば、2616時間働くと年収523万円で、それなりの年収になります。


まずは時給1500円を目指しましょうか。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 00:18| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月19日

2018年の介護報酬改定の布石です



安倍晋三首相は12日、日本経済新聞のインタビューに応じ、今後の社会保障政策についてこれまでの高齢者中心から「全世代型」に見直す意向を表明した。そのための施策として幼児教育の無償化などを挙げ、財源として教育に使途を限定して国債を発行する「教育国債」も検討する考えを強調。北朝鮮情勢では核の完全な放棄が対話の条件だとの認識を示した。



安倍首相のインタビューでは、少子高齢化による社会保障費を抑えようという意図が見える。これによって、2018年の介護報酬の改定ではかなりの減額が予想される。


訪問介護事業を主軸に置いている企業に勤めていて、その利益で給料を頂いている身分ですが、訪問介護の生活援助に関して必要のないとこに過度にサービスを提供しているように感じています。生活援助のサービスがなくなれば、うちの会社の売上の3割強は吹き飛んでしまいます。閉鎖に追い込まれる事業所も増えるでしょう。


しかし、介護保険制度を維持するためには致し方がないことだと考えます。消費税を10%に上げるどころじゃ焼け石に水。まずは支出を抑える為にも必要のないサービスはカットしていくべきです。



デイサービスの今後は


2015年の介護報酬の改定で閉鎖に追い込まれたデイサービスは多い。デイサービスは供給過多になっているので、介護報酬を抑えるという意味では改定は正しかったと考えています。2018年の改定では、運営に行き詰まるデイサービスも出てくるでしょう。


本社からは2018年3月までに月商300万円を達成するように言われている。月商300万円あれば、余裕でデイサービスを運営できて少しばかりお釣りが出る。例え、介護報酬の改定で1割カットされても利益は辛うじて出る。2割カットだと厳しい。


自社のケアマネがいることで、多少なりともある程度の売り上げが見込める状態でオープンできた。後は、他社のケアマネの紹介でどれだけ売り上げを伸ばせるかが鍵を握っている。


できれば年内に月商300万を達成して、来年の1月から3月までは300万をキープした状態で、2018年の介護報酬の改定を迎えたい。





貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 22:42| Comment(2) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする