2017年06月26日

与沢翼氏とユーチューバー・ヒカルの違い



昨日の宝塚記念でYouTuberのヒカルが1340万円を賭けました。購入した馬券は、キタサンブラック単勝に1000万、キタサンブラックをアタマに固定した三連単9通り計340万。キタサンブラックが負けると、賭けた1340万を失うという大博打。ヒカルチャンネルで宝塚記念を鑑賞している動画を公開した。レースの結果はキタサンブラックが負けて1340万円はパーになった。




1340万円を失っても表情が変わらないヒカル


禁断ボーイズというYouTuberもゴールドアクターに単勝100万を賭けて結果は2位で100万を失った。禁断ボースのいっくんとやらはメンバーに給料が払えないどうしようと、動揺を隠せない様子でした。それが普通の感覚なんでしょうが、1340万円を失ったヒカルはどこ吹く風。


「次のG1にも1000万円をぶち込みます」と宣言していた。


テレビでヒカルの月収は4000万円ぐらいと言ってました。たぶん法人にしていると思いますが、ハズレ馬券は経費で落ちるのかな? 


たぶん落ちないと思いますが・・・・


経費で落ちる落ちないに関わらず、それ以上を稼いだらいいと考えており、視聴者に楽しんでもらえたらいいというスタンスなんでしょう。





与沢翼氏とヒカルの違い



ヒカルの豪快なお金の遣い方をみていると、数年前に一世を風靡した与沢翼氏を思い出します。与沢翼氏は、高級なマンションに住み、テレビで豪快な買い物をして金持ちの自分をブランディングします。自分みたいな金持ちになりたいのであれば、高額な与沢塾へ入塾、情報商材を紹介してアフィリエイト収入を得るビジネスモデル。要は高額な情報商材や塾で儲けていたのです。


しかし、ヒカルは高額な情報商材の販売や高額塾などは販売はしていません。情報商材を売っていたという過去はあるにしろ、現在は情報商材から手を引いています。 YouTuberとして視聴者に10分ぐらいの動画を楽しんでいもらうだけです。


ぼったくりアプリの紹介や商品が欲しければアプリに登録してくださいの企業案件などはありますけど、純粋に動画を楽しんでいるもらって月4000万円を稼いでいることに凄さを感じる。


YOUTUBE側が広告を出す限りは稼ぎ続けるでしょう。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 19:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月25日

運営は順調ですが問題点もあります



先月にデイサービスがオープン。1か月間は営業に駆けずり回っていました。その成果が出たのか、今月は体験利用が11件で、そのうちの9件が本利用に繋がりました。先月は社内のケアマネの紹介だけで運営していたので、1日2名しか利用しない日もあり開店休業状態だったので、利用者が増えるデイサービス内にも活気がでます。最終目標は稼働率100%ですが、1日も早く毎日10名来てもらえるような運営をしたいと考えています。


利用者の獲得は順調ですが、問題点もあります。


開業当時は、1日に数名しか来ない日が続いたこともあり、体験の利用者に対して、かなり手厚くサービスを提供させていただきました。利用者の数と職員の数が同じぐらいの日が多かったので、ほぼマンツーマンで対応していました。しかし、稼働率が上がり始めた今は開業当初と同じようなレベルでサービスを提供できているかというと、疑問符をつけたくなる。


稼働率が上がる中、開業当初よりサービスの質が落ちているように見えます。これで稼働率が100%になったら回らなくなる。これは利用者が少ないことで、手厚いサービスをしてしまったことが原因。外部のケアマネは「あそこのデイサービスは手厚い」とイメージを抱いているでしょう。稼働率が上がれば、質も落ちてきて悪い噂がたつのも時間の問題。


決まった人員で運営しているので、これ以上は人を増やすことはできない。何かしら早く手を打たないと。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月23日

少子高齢化が進むと様々な問題がでる



 76歳の妻の首を絞めて殺害しようとしたとして、71歳の夫が逮捕されました。夫は「介護に疲れた。妻が痛みを訴えたため、思いとどまった」と供述しているということです。

 自称・無職の山口道雄容疑者は22日午前9時半ごろ、千葉県袖ケ浦市の自宅で、76歳の妻の首を両手で絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。警察によりますと、山口容疑者は「妻の首を絞めた。殺そうと思った」と自ら110番通報していて、取り調べに対し、「介護に疲れた」と供述しているということです。また、山口容疑者は「妻が痛みを訴えたため、思いとどまった」と話していて、妻は病院に運ばれましたが、意識はあるということです。山口容疑者は妻と2人暮らしで、おととし10月ごろから脳梗塞(こうそく)を患った妻を自宅で介護していたとみられています。



デイサービスで送迎業務に入ると、老老介護をしている家庭の多さに驚く。私たちと違い、高齢者になると体力も落ちるので、いくら家族だからといっても介護するのは大変。家族を介護する生活に耐えきれず、要介護の家族を殺害する、一家心中するというケースも増える。


少子高齢化が進むと介護疲れ、介護離職だけでなく介護をする担い手の問題もある。日本の将来は問題だらけです。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする