2017年06月28日

NHKから国民を守る党を指示します



2019年にNHKの番組のネット同時配信が実現した場合の受信料の在り方を検討している「NHK受信料制度等検討委員会」(座長=安藤英義・専修大大学院教授)は26日、現行の地上放送、衛星放送の受信料制度を維持したうえで、テレビを持たずネット同時配信のみを利用する世帯については別の契約を設けることを柱とする中間答申原案をまとめた。その場合のネットの受信料については、NHK内部で現行の地上放送契約と同額(口座振替の2カ月払いで2520円)とする案が浮上している。



NHKのホームページを見ると、平成28年度までの決算報告が出ています。平成28年度の受信料収入は前年度比131億円増の6625億円で過去最高、288億円の黒字。おまけに1990年から26年連続で黒字。


テレビを持たない世帯にまで徴収するのは如何なものか。NHKは削るということはしない。自分の腹を痛めずに他人の腹を痛めて私腹を肥やすのです。


介護業界の場合、介護報酬が下がれば人件費を削ったり、職員の賞与を減らしたりして運営します。他業種に関しても同様で売上が下がれば、それなりに削るとこは削って企業努力をする。


NHKは、ないところから取れないものかと考えて、放送法という訳のわからない物を振りかざして自分らの都合のいいようなルールを作るのです。


NHK受信料のトラブルはよく聞く。集金する人間が受信料を着服したり、強姦未遂、下着泥棒など上げたらキリがない。正直ところ、不祥事ばかり起こす組織にお金を払いたくないのが本音です。


飲食店なんかで不祥事が起これば、その店に行かないでしょう。介護施設で虐待などの事件が発覚すれば、ある一定期間は入居できないペナルティがある。しかし、NHKの職員が不祥事を起こしても何のぺナルティもなしに古い放送法というのを盾に受信料契約を迫り私腹を肥やす。


私はNHKの元同局職員が代表を務めるNHKから国民を守る党を指示します。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 22:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「生」の数だけ「性」がある



 勤務先の知的障害児向けデイサービスを利用する女子中学生とみだらな行為をしたとして、神奈川県警少年捜査課などは28日、児童福祉法違反容疑で、児童支援員を務める社会福祉法人職員山口隆央容疑者(39)=同県寒川町宮山=を逮捕した。

 容疑を認めているという。

 逮捕容疑は5月27日、同県茅ケ崎市内のホテルで、中学2年の女子生徒(14)にみだらな行為をさせた疑い。

 同課によると、女子生徒は軽度な知的障害があり、放課後に施設で自立支援を受けていた。山口容疑者は児童指導員の資格を持ち、女子生徒が利用するクラスで支援員を務めていた。みだらな行為を「3、4回した」と話しているという。

 女子生徒の母親が、休日に娘と山口容疑者が一緒に出掛けるのを目撃し、施設に相談して発覚した。
 



高校生の時に「聖者の行進」というドラマがあった。知的障害者の作業所が舞台となっており、社会福祉のタブーに触れたようなドラマだった。作業所で働く知的障害者への暴力、性的虐待が描かれており、段田安則が演じる作業所の社長が、知的障害者役の雛形あきこを強姦するというシーンは、野島伸司ならではの脚本と、思わせる内容であった。


当時は一般家庭にインターネットが普及していない時代であったので、物議をかもすことはなかったが、障害者施設などの社会福祉法人は抗議したと思われる。


高校生だった私は過激なドラマを見て、所詮はドラマの話、作り話であると思っていた。


しかし、ある時に「聖者の行進」のドラマで起こったようなことが起こった。うる覚えですが、知的障害者施設の職員が軽度の知的障害の利用者の女性を妊娠させ、園長が自殺したという事件。ネットで検索しても事件の内容はヒットしませんが、そんな事件があったように記憶していて「まるで聖者の行進だな」と思ったことを覚えている。


支援員が利用者に手を出すのは信じがたい行為ですが、男性利用者が女性利用者に手を出して妊娠したケースもある。


「生」の数だけ「性」があるのかもしれない。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

諦めなかった元阪神タイガースの奥村武博さん





阪神タイガースの元投手、奥村武博さんが公認会計士として登録された。

 プロでは結果を残せず、職を転々としていたが、一念発起して司法試験に並ぶ難関と言われる公認会計士試験に10年がかりで合格した。日本野球機構(NPB)や日本プロ野球選手会によると、「間違いなく初の快挙」だという。

 岐阜県多治見市出身で、県立土岐商から1997年のドラフト6位で阪神に指名された。「あこがれの世界に行ける」と両親の反対を押し切って入団したが、プロは甘くなかった。

 同期の井川慶投手(米大リーグ・ヤンキースなど)のボールを見て「すごいところに来てしまった」と痛感した。練習に打ち込んだが、右ひじなどのケガに悩まされ、一軍登録がないまま2001年に戦力外通告。打撃投手に転身したが1年で契約を打ち切られ、球界を去った。




1軍登板がないまま22歳で戦力外通告。23歳の1年は打撃投手として球団に残るもそこでも1年で契約を切られる。2002年の退団後は友人とバーを経営するも2年後に経営から身を引き、「元プロ野球選手」という経歴を伏せながらの飲食店などでアルバイト生活。その後、高校時代に身に着けた簿記の知識を活かせる公認会計士試験への挑戦しての10年がかりで合格。


1軍で活躍して高年俸を貰えるのは極一部の選手だけ。プロ野球選手は引退してからの人生の方が長い。1軍登録がないまま阪神を退団した時は自暴自棄になったこともあったでしょう。奥村さんには、それを乗り越えて諦めずに挑戦することの大切さを教えてくれたニュースです。




貧乏日記 ブログランキングへ




posted by トモ at 00:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする