2016年11月20日

岡崎の増毛疑惑



年を重ねるごとに髪が薄くなっている。前髪はあまり切らないが、カットしている襟足に比べてボリュームがない。最近は後頭部も薄くなり始め、このままでは、前からも後ろからもハゲるのではないかと、心配しています


自分の頭髪が薄くなってくると、ついついテレビを見ていると、芸能人なんかの頭髪を見てしまう。昔に比べて薄くなってきたなとか、明らかに増毛しているなとか、勝手にジャッジしています。


薄毛で悩んでいると、薄毛の有名人がテレビに出ていると、妙に親近感が湧きます。


一番、親近感は湧くのはサッカー日本代表の岡崎慎司選手。私より6歳も年下でありながら薄毛だったので、個人的に岡崎慎司選手の頭髪を気にしていました。



759329ed728c308830502942d6921906-e1402407600236.png



たまたま、テレビを見ていると、メンタリストDAIGOと岡崎選手のババ抜きがテレビで放送されていました。妻はメンタリストDAIGOの心理戦に固唾を飲んでみているようでしたが、私は心理戦なんかはそっちのけで、言いようのない違和感を感じました。


明らかに岡崎選手の髪が増えているのです。見ようによってはトップから前に流しているようにも見えなくもないですが、明らかに増えています。


私も同じM字ハゲ予備軍なので、よく分かるのです。岡崎選手よりはボリュームはありますが、私が今の髪形に辿り着くまでにどれだけ試行錯誤したか。そしてボリュームを出せるようにどれだけのワックスを使っているか。


岡崎選手の稼ぎであれば、増毛費用なんて大したことありません。増毛していてもおかしくないです。しかし、こちらとしては、仲間が一人減ると考えると、寂しい気持ちになります。




貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:岡崎慎司 増毛
posted by トモ at 02:07| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月18日

弱者の選択



訪問介護事業所は小資本で始めれるビジネスです。1LDKのマンションでOK。開業資金として300万あればスタートできます。


私が働いている訪問介護事業所は月商300万ちょっとですが、ランニングコストが低いので、60万円ぐらいが利益として残ります。登録ヘルパーを確保できれば、安定して運営ができます。例えば、サ責の立場を利用して利用者とヘルパーを引き抜いて開業することもできるのです。


そんな話を父親にすると、「500万やるから自分でやってみるか?」と言われました。人の道に外れるので、引き抜いたりはしないですけど、一からやってみるのもありかなと、少し心が動きました。



稼働率低下で閉鎖に追い込まれたデイサービス


ある居宅のケアマネと話す機会がありました。そこは居宅と訪問介護をやっている事業所で、ケアマネ兼管理者として運営しています。長年、ケアマネををされているみたいで、小規模のデイサービスも併設していたらしいですが、デイサービスの稼働率が落ちてきてランニングコストにやられてデイサービスを閉鎖したとのことでした。


訪問介護事業所を開業するのに借金をすることはないが、デイサービスなどの箱を作るのには金融機関から借金をしないといけない。稼働率が高ければ、訪問介護と比べ物にならない利益をもたらすが、稼働率が落ちると死を意味する。そのケアマネのデイサービスは借金完済後に閉鎖したけど、最後は訪問の利益を食い潰す形だったとのことです。


自分が介護で起業するとすれば、小資本で始めれて、ランニングコストが低い訪問介護の一択になります。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月16日

全てにおいてぬるいです



8時半に出勤して18時半に事務所を出る感じで仕事ができている。所長は、12時に出勤して22時ぐらいに事務所を出ているらしい。もう一人のサ責が有給消化に入って、どうなることかと思ってましたが、二人で上手く役割分担しているので、仕事量は増えましたが、そんなに苦にはなっていません。


事務所は自宅から近いので、遅くても19時までに帰宅できます。家族4人で夕食を食べれることに幸せを感じます。


通勤は楽だし、煩わしい人間関係もない。給料は安いですが、余裕で働ける環境です。


問題があるとすれば、環境が環境なだけにダラダラ働いてしまいそうになることです。元来、怠け者の性格なので、手を抜くことができる仕事なだけに、ある程度の厳しさがないと甘えてしまうので、ぬるい環境は困ります。


訪問介護事業所で私ぐらいのキャリアの人は稀みたいで、最近は法人から大切にされてます。転職してから怒られたり指導されることもない。


そういった点も勘違いするとこで困ります。いい加減、転職を何回も繰り返しているオッサンを過大評価するのはやめてほしい。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:02| Comment(6) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする