2015年06月24日

こんな時代だからこそ介護職に転職しませんか?




OZP73_katakoriyabai20130707500.jpg




25年度、介護職員38万人不足の見込み 人材確保急務



 団塊の世代が七十五歳以上になる二〇二五年度に必要な全国の介護職員は二百五十三万人の見通しで、現状の増員ペースのままでは三十八万人不足する恐れがあることが二十三日、厚生労働省の推計で分かった。一三年度時点では非常勤を含め百七十一万人で、十年後までに八十万人余りの増員が欠かせない計算だ。介護分野は離職率が高く、政府は人材確保に向けた対策を急ぐ。
 必要な人数に対し、確保できる見込みの人数の割合(充足率)を都道府県別にみると、最も低いのは宮城県で69%しか埋まらず、一万四千百三十六人足りない。群馬(74%)、埼玉(77%)、栃木(78%)各県も80%を切る。人数ベースでは不足が最も多いのは東京都の三万五千七百五十一人(充足率85%)、最少の島根県は三百二十六人(同98%)。
 厚労省が都道府県を通じて調べた。今年二月の社会保障審議会部会に二百四十八万人が必要で三十三万人が不足するとの暫定推計値を示していたが、確定値では不足数が拡大した。市町村が一五〜一七年度の介護保険事業計画を三月に策定したことを踏まえ、最新データで計算し直した。
 推計では、一七年度には二百八万人の介護職員が必要となり、早くも十二万人が足りなくなる。有効な人材確保策を打ち出せなければこの傾向は加速し、二〇年度は必要な二百二十六万人に対し二十万人不足。このギャップが二五年度に倍近い三十八万人となる。
 人材確保策として厚労省は、介護サービス事業者に支払われる介護報酬の一五年度改定で職員賃金が平均月一万二千円上がるようにしたほか、介護福祉士が離職した場合に都道府県の福祉人材センターに届け出を求め再就職を促すことを盛り込んだ社会福祉法改正案を今国会に提出している。
<介護分野の人手不足> 2000年度の介護保険スタート時に55万人だった介護職員は現在までに約3倍増。だが高齢者が増える一方で「低賃金で体力的にもきつい仕事」とのイメージが定着し、慢性的な人手不足が続いている。厚生労働省によると、常勤の人で1年間に離職する割合は16・8%で全産業平均の12・4%を上回る。勤続年数が短いことも影響し、平均月給は約22万円と全産業平均より10万円ほど低い。






2017年度に介護職が12万人足りなくなり、2020年は20万人、2025年には38万人の介護職が足りなくなるという記事です。




施設長をしていた昨年、人材確保が難しく足りていないのは肌で感じていました。私の場合、介護職が人材不足なことを逆手にとって、転職したんですけど。転職11社目であろうが、施設での勤務経験、介護福祉士を取得していると、介護業界では、簡単に転職できるんです。





2015年3月時点で日本に完全失業者数は221万人いると統計がでていますので、そのうちの何パーセントか、介護業界に流れてきたらいいなと思っています。





介護業界に興味を持っている方に「排せつ介助に抵抗ありませんでしたか?」と聞かれます。




一つ言えるのは、誰しも最初は未経験者です。




今でこそバリバリ施設で介護士やっている私も最初は未経験者でしたので、抵抗がない訳ありません。




ぶちゃけると、最初なんて車椅子の入居者のトイレ誘導でズボンの上げ下ろしでさえ抵抗ありましたから。




だから初めてオムツ交換を見た時は衝撃が走りましたし、これを毎日やらないといけないのかと気持も滅入りました。




でも、慣れるんですよ。慣れる時間は人によって違うと思いますが、私の場合は2カ月目くらいで慣れました。




だから今ではテキパキオムツ交換をこなしていますし、オムツの当て方は施設で一番上手いと言われています。





福祉の資格を活かすのなら【介護求人ガイド】





資格を活かして好条件で転職するなら⇒⇒介護専門求人サイトかいご畑





求人件数が3万件以上の介護求人ナビ





≪未経験・初心者求人も多数!≫ 介護求人ならやっぱりカイゴジョブ






私のブログを見ている方で、介護職に興味がある人は介護業界に転職して欲しいです。





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 16:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月22日

過去の栄光にすがる男は駄目ですね





誰しも過去の栄光ってすがりたくなるものです。私には過去に栄光はなかったので、すがりたくてもすがれないのですけど。






yjimage.jpg







おととしテレビ番組に出演し、妻と子供を養うため愛媛県松山市で働いている様子が放送された、元光GENJI・山本淳一だがすでに夫婦関係が破綻していたことを、発売中の「週刊文春」(文芸春秋)が報じている。

山本は昨年12月22日に放送された「私の何がイケないの?」(TBS系)に出演。 番組には昨年7月に結婚した妻とその連れ子の2人の娘も登場。

月給20万円で、松山・道後温泉のバーで働き、新しい家族を養うために懸命に生きる姿が放送されていた。

ところが、同誌によると、当時、妻として紹介したのは、13年9月に発売された同誌で、別の女性と二股をかけた揚げ句に、結婚を前提に山本が3000万円以上の現金を受け取っていた女性。 その女性が今回、同誌に“告発”したところによると、山本は12年ごろから何かと理由をつけて現金の振り込みを要求していたという。

その女性は前夫から養育費約2000万円を一括で受け取っていたが、山本はその金に目を付け、結婚をエサに金の振り込みを要求し続けた。 そして松山移住後、二股の女性の存在がバレると目の前で髪を坊主にし土下座して謝罪したこともあったものの、結婚する。

ところが、昨年11月、夫婦のトラブルに加担した知人から迷惑料を要求され担保として離婚届を書かされた。 また、風俗店の面接に連れて行かれ、山本からは面接前夜に、「お前も風俗で働いてこの苦しい時期を乗り越えれば、夫婦の絆がもっと深まる」との言葉もあったが、結局は働かなかったという。 そして、今年5月5日、山本は家を飛び出したというのだ。

「まるでヒモのような生活だが、芸能界で売れなくなってからは、ずっと同じような生活をしていたようだ。 妻の告発によると、山本は芸能界復帰に執着しているようだが、こういう記事が出てしまったからには仕事のオファーが来ることはないだろう」(芸能記者)

かつてのファンにとってはがっかりの記事に違いない。







少し前に「79年世代は、光GENJI世代? それともSMAP世代?」「光GENJIだったメンバーの現在を調べてみました」を書きました。




元メンバーの山本淳一のことがヤフーニュースのTOPに出てたんで、引き続き光GENJIネタを書きたいと思います







yjimageCAUYEYML.jpg






私は知らないことを書く時は、下調べをして書きます。光GENJIの記事を書いた時なんか、遠い過去の話で思い出そうとしてもなかなか思い出させる物ではないので、YOU TUBEで、「ガラスの十代」や「パラダイス銀河」とかを聞いたりして、「今でも口ずさめるわ」と懐かしみながら書きました。




歌だけでなく、光GENJIのデビューから解散してからの個人のバラエティのトークなんかまでチェックすると、子供の時と今とでは物の見方が違うことに気付きました。






子供の頃の印象では、諸星和己=目立ちたがり屋、嫌な奴というイメージだったんですが、今見ると諸星和己ってそんなに嫌な奴ではないなと思いました。





確かに平気で「俺が光GENJIで、あとはその仲間達」とか発言したりするので、元光GENJIのメンバーからすると、多少は嫌な奴なのかもしれません。




でも本当に嫌なら大沢樹生も初監督を務める映画で、諸星を主演にしようなんて思わないでしょう。ぶっちゃけ、諸星ってそんなに演技は上手くないのですから。





その点、子供の頃に好印象だった山本淳一が嫌な奴に見えたんです。




ネプチューン・名倉と次長課長・河本がやっている「暴露ナイト」で、都落ちの芸能人の一人として出演していました。




都落ちの芸能人には山本より明らかにテレビに出ている芸能人だったんですが、山本は、




「自分は都落ちしたと思っていない」



「メンバーで頭に羽をつけてた人は今もアイドルやっているけど、僕はしたくない」




諸星のバーターでテレビ出ていたりライブをしたりしているのに。その後、もう一度、光GENJIを再結成したいというようなことを言ってました。




名倉には「需要はないよ」とバッサリ斬り捨てられていました。




本人は、堕ちるとこまで堕ちているのにそれを認めたくない。光GENJIの元メンバーだったという過去の栄光がそうさせているんでしょう。





yjimageCARTOZEL.jpg




2001年2月、遠山の妊娠を機に元光GENJIの山本淳一の所属事務所から"妊娠2ヶ月である事と結婚する意向"である事がFAXでマスコミ向けに発表された。同年4月に入籍する予定と見られたが、9月の男児出産後に未入籍である事が明らかになり、さらに交際が破局していたことが発覚した。






遠山景織子は山本の子供を妊娠したけど、未入籍で破局しています。入籍せずに関わらなかった遠山景織子の選択は正解です。





山本は、これからも芸能界復帰の夢にしがみつく為に嫁さんを風俗に売り飛ばそうとするのは人間として終わっています。




山本淳一には「パラダイス銀河」ではなく、「パラサイト銀河」が合っていますね。










貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 04:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 芸能 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月19日

仕事が嫌いなのに職に困ったことがない




何度もブログに書いてきましたが、私は労働が嫌いで、今の会社が11社目になります。




そんな転職を繰り返す私ですが、職に困った経験がありません。






YOTA82_OKdemashita15124015-thumb-1000xauto-14185.jpg






アルバイト、派遣も含めると、今まで100社以上の会社に応募していますが、書類選考以外で落とされた記憶がありません。




面接まで行けば、必ず受かります。





自分にスキルがないので、ブラック寄りの営業職の応募が大半ですが、数少ないホワイトカラーの面接でも落とされたことがないです。





リーマンショックぐらいの時に派遣切りが問題になったことがありましたよね。YOU TUBEで派遣切りやネットカフェ難民のドキュメンタリーを見たことがありますが、「なんか誇張してるんではないのか?」 本当に日本で起きていることなのか眉唾ものでしたから。




どんな不景気でも転職できる自信があります。




そんなしょうもない自信の為に数多くの転職を繰り返しているんですけど・・・・・





貧乏日記 ブログランキングへ



ラベル:ブログ 転職 面接
posted by トモ at 09:40| Comment(2) | TrackBack(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする