2015年01月14日

家探しで休日が潰れます



3月は引越しシーズンに入るので、できるだけ2月中に引越しを考えていますので、休日は家探しで1日が潰れます。



引越し予定の地域に1時間半かけて車で行き、3〜4軒の物件を見て、家に帰ると休日が終わります。高速乗れば40分くらいで行けると思うのですが、900円をケチって下道を走ってます(笑)




今年は収入が減るので、家賃の安い物件に引越したいですが、長男が通う予定の小学校から徒歩10分圏内で物件を探しています。



小学校から徒歩10分圏内の物件を探す理由としては、長男が支援学級に通った場合、低学年の間は小学校の送り迎えが必要だからです。



今より家賃が多少、高くなっても長男の通学に支障がきたさない物件を見つけたいです。



それと転職先も探さないと・・・・・





貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:46| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月12日

田舎暮らしに憧れてます



今住んでいるマンションの家賃は、3LDKで家賃8万円です。



年収308万の頃から住んでいますので、ブログを始めた頃は、収入からすると家賃が高すぎるとご指摘を頂いたことがあります。



でも、今住んでいるマンションの家賃は破格的に安いのです。近隣で同じくらいの広さのマンションは余裕で10万円は超えてます。



身バレする可能性があったので、ブログには詳しく書いてこなかったのですが、私が住んでいる地域の坪単価は100万円ぐらいです。駅から離れているへんぴな場所で坪単価100万、駅の近くだったらそれ以上になります。



ちなみに私の近所で家を建てた人に聞いたところ、20坪の土地を購入して家を建てたところ、全部で4000万円ぐらいかかったと話していました。



地域的なことも考えて介護士の給料も地方に比べると高いのかもしれません。





roko1.jpg





去年、いくらの住宅ローンが組めるのか知りたくて銀行数社の住宅ローンの相談会に行ったことがあります。



4社でシュミレーションしたところ、少ないとこで2200万円で、多いとこで2600万の住宅ローンが組めるとのことでした。



金額的に近隣で土地から購入して家を建てるのは無理でした。近隣では、せいぜい今と同じ広さで築15年の中古マンションが買えるくらいの現実を知りました。



ブログで賃貸だったら自分の生活に合わせて引っ越しできるのがメリットと書いた記憶があるのですが、今考えると負け惜しみでした。



住宅ローンの相談会に行くぐらいなので、心のどこかで一国一城の主になりたい。できれば新築一戸建て、新築マンションに住みたい気持が心のどこかにあったのです。




93V82CC8BB497A720252.jpg




理想は和歌山県や三重県。西だったら淡路島や岡山県や徳島県で住んで介護の仕事がしたい。



現実は長男の学校を考えて無理ですが・・・・・






貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 23:09| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2.27%引き下げによってサービスが低下することが目に見える



政府の2015年度当初予算案で、麻生太郎財務相と各閣僚による最終折衝が11日、行われた。介護サービスの公定価格である介護報酬は2・27%引き下げるが、介護や障害者福祉の現場で働く人の賃金は月1万2千円上がるようにする。生活保護の引き下げや幼児教育の一部無償化の見送りなど、福祉や教育の分野で厳しい折衝結果が目立つ。

 全体の予算総額は過去最大の96・3兆円となる。新たな借金のための国債発行額は36・9兆円。予算案は14日に閣議決定し、2月に国会に提出する。

 塩崎恭久厚生労働相との折衝では、高齢化による予算増や、保険料や利用者の負担増を抑えるため、介護報酬の9年ぶりのマイナス改定を正式に決めた。





Yahooニュースの介護報酬の引き下げ記事を見ました。



介護報酬が2.27%引き下がげに伴い、うちの会社は、年間で数千万の減収になる。



減収になった分、どこで帳尻を合わせるか?



てっとり早いのは、人件費を削ること。



介護報酬は2・27%引き下げるが、介護や障害者福祉の現場で働く人の賃金は月1万2千円上がるようにする。




1人当たりの賃金を上げても介護職員の人数を減らして帳尻を合わすと思います。



私の働く施設では、要介護者50人に対して20人の職員がいますが、18人の職員で回せば、1人当たりの賃金が上がっても人件費は抑えれます。



例えば3人で夜勤をしている施設は2人で夜勤をするとか。



国が定める職員配置は、最低基準は、3:1



うちの施設は、少し余裕をもって2.5:1で運営してますが、介護報酬が下がることで、人件費で帳尻合わせを考えると思います。



経営者はできる限り最低基準の3:1に近い数字での運営を目指すでしょう。



そうなると、どこの施設もサービスが低下することは間違いないです。



人件費を抑えることで、1人当たりの介護職員の負担が増えて離職する人が増える。


人員を減らしてサービスの低下。


人員を減らしたことで、施設内で事故が増える。




3月末で私は退職します。介護職員から1名を施設長に上げて、介護職員を募集せずに現状よりー1人での運営にならないようにして欲しいです。







貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 12:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする