2014年10月01日

会社側の人間



色々と忙しくて疲れてたせいか、仕事では介護の現場に出ることもなくなりました。一度、現場に出なくなると現場に出るのが億劫になりますし、フロアで働く介護士達も私がいない方が、ノビノビできているように見受けられる。





現場を良くしたくて、現場での不満や相談事を聞いて、私の力で改善できることはやり、できないことは会社に稟議を上げて改善できることをしてきたのですが、介護士たちからすれば、私は現場側ではなくて、会社側の人間だと思っている。




例えば、エレベーターで一緒になったりしたら、ほんの数秒なのに気を使われる。最初は、「俺みたいな、くだらん人間に気を使わんでええのに」と声を掛けていたけど、日に日に気を使われることも多くなり、息が詰まり、現場から足が遠のく。




別にみんなと仲良くやりたい訳じゃないのだけど、孤立している感を感じる。中身は転職10回しているくだらん人間なのに変に人の顔色を伺っているのかも。



そんなことで、現場に出ると言うことよりも、会社に行くのが億劫。



妻子を養わないといけないので、辞めることはないと思いますが、前みたいに楽しく働けれたらいいと思います。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 10:24| Comment(10) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする