2013年06月19日

勿体ない

ジムに入会したがまだ1回しか行けていない。キャンペーンで入会して半年やめれない縛りがあるので、妻に申し訳なく思っている。


駐車場代に車の保険に学資保険にジム代。一つ一つの金額は少ないが4つ合わさると結構な金額になる。


最近の口癖は「タダで駐車場貸してくれんかな?」です。妻には「誰が貸してくれんの!」と突っ込まれますが、私は結構、真剣に思ってるんですよね。



前にも書きましたが、やっぱりお金は残らないようにできているんだなとつくづく思います。


やっぱりバイトの時間増やすしかないか。



貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 23:01| Comment(0) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月17日

やっぱり営業は大変

昼休みに兄弟から着信に気づく。架けなおすと「兄ちゃん、駐車場決まった?」と。


決まったけどと言うと「承諾書貰わなあかんから電話番号教えて!」


承諾書とは車庫証明みたいなもので警察に提出するものみたい。


「今週中に届くから都合のいい日を教えて」と言われたが、確か納車は7月じゃないのと聞くと、なにやら店のノルマみたいなのがあって6月に売ったことにしないといけないらしい。


今は仕事中で電話番号分からんと言ったら「チェッ」と舌打ちして駐車場の住所を教えろと言うもんだから住所を教えるとそそくさ電話を切られる。


自分勝手に連絡してきて舌打ちまでしやがって。今度会ったら怒ってやろうと思ってたら手続きの終わった兄弟が家に来た。


かなり痩せた兄弟を見て、怒る感情がが心配になり「痩せたな」と声を掛けた。


そこから10分ほど話をしたのですが、改めて営業の大変さを思い出した。私も営業職の時は週6で朝9時〜23時勤務がデフォルトだったのですが、兄弟もかなり忙しいみたいで休みは週1回らしいです。


介護職に転職した頃、あまりにもの薄給なので営業職に戻ろうかと真剣に考えたことがありました。


戻らなくて正解です。戻ってたら育児が全て妻になるので、妻がぶっ倒れてしまいます。


その点、介護職はいいです。決まった時間に終わって帰るので育児も分担できます。


お茶だけ飲んで、店に戻る為、車に乗り込む兄弟の姿を見て「体だけは気をつけろよ」と言っときました。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 20:19| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月16日

お金は余らないものです

介護職をして2年と3ヶ月になります。この期間、我が家は18万円で1カ月間生活していました。


そして今年の3月から息子が保育園へ行き出し、妻もパートに行ってくれて現在は26万円で生活しています。


収入も増えたことだし、月に3万は貯金できるのだろうなと思ってましたが、8000円ぐらいしか余らないです。


おかしいな。8万も増えたのになんで余らないんだろう?


理由は2年3ヶ月間、色んなものを我慢してたからです。手取り18万の時に買えなかった物を買ってしまうと26万なんてあっという間になくなってしまう。





新車の手続きの件で父親と会った時にこの話をすると「当たり前だ」と一蹴された。


父親が言うには私が産まれた昭和55年の時の父親の手取りは11万円。物価が違うとは言え、贅沢できる生活ではなかったらしい。


そして私が小学校に上がる頃に25万ぐらいになり、中学、高校と上がるにつれて父親の手取りも30万、40万と増えていったとのこと。


父親曰く、40万稼いでも子供が3人いると余らない。まして無理して新築一戸建てを購入しているので月々のローンの支払いもある。40代半ばで年収1000万を超えて、多少貯金できるようになったが、父親の小遣いは月5万のままだったと嘆いていた。


しかし、年収1500万を超えたら一気に金銭的には困らなくなり、お金が貯まるようになったと。子供3人が独立したのも関係しているんだろうけど。


父親からは「例え、二人で30万稼いでも貯まらんわ。お金は余らないようにできとる。余裕のある生活を手にするには年収1000万稼がんとな」と言われた。


年収1000万って・・・・


ちなみに去年308万ですけど何か?って言いたかったですが黙って父親の話を聞いてました。


父親とこんな話をしたのは初めてだった。気持ちよく語る父親を見て、「このオッサン自分に酔ってるな」と思った反面、父親の偉大さも判った日でした。




貧乏日記 ブログランキングへ






posted by トモ at 11:45| Comment(4) | ワーキングプア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする