2013年03月01日

心がなくなる

夜勤中に緊急搬送され、入所者が亡くなった。この入居者はすごく手のかかる人であったせいか、朝出勤してきた先輩職員は「これで仕事が楽になるわ」とストレートに言った。


1年11カ月勤めて、それなりの立場になったので怒ろうと思いましたが、スルーしました。


何故、怒らなかったか。私にも安堵感あったからです。人が亡くなって、悲しむ気もちより先に安堵感がでるってどうなんでしょうか。


私の施設はお世辞にも良い施設だと言えない。良いヘルパーも少ない。頑張る人や心のあるヘルパーは辞めていき、残ったのはカスみたいなヘルパーばかり。


私も知らない間に汚染されてるのかも知れない。続けてば続けるほど、人としての心がなくなって行く感じがする。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 17:42| Comment(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする