2016年08月22日

生活援助の調理は配食サービスに移行するべき



厚生労働省発表によると65歳以上の高齢者である第1号被保険者のいる世帯は、2014年度末現在、2,337万世帯となっています。 これは前年度の2,275万世帯と比べて62万世帯(2.7%)増加となっており、高齢者世帯が増えていることを表しています。第1号被保険者数は、2014年度末で3,302万人。これは日本の総人口の38%にあたり、超のつく高齢化社会はすでに訪れているのでは?という疑問が浮かんできます。

デイサービスの給付費も伸び続けており、利用者負担を除いた給付費は8兆3,786億円となっています。高額介護サービス費、高額医療合算介護サービス費、特定入所者介護サービス費を含む費用額は、9兆5,783億円にものぼっています。

さらには、グループホームや老人保健施設の利用者も増加しています。グループホームとは、認知症を抱えた高齢者が、専門スタッフの援助を受けながらグループで生活していく施設のことです。老人保健施設とは、介護を必要とする高齢者の自立を支援し、家庭への復帰を目指す施設です。施設介護サービスの受給者の割合で見てみても、利用者は要介護度3〜4を中心に増える一方です。





要介護者が増え続けると、介護保険だけでは賄えなくなります。年々、介護費用が増え続けて、このままでは財政を圧迫。団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年が、介護給付費のピークを迎えるのではないかと言われています。




配食サービスに切り替えてはどうか


介護報酬を少しでも削減するためにやることは、たくさんあると考えています。訪問介護には生活援助で調理というサービスがあります。大体の事業所は、生活援助2(20分以上45分未満)で調理のサービスを提供しています。生活援助2で183単位になり、約2000円ぐらいのお金が事業所に入ってきます。約2000円の内訳は、利用者が1割負担、もしくは2割負担で約200円〜約400円を負担。あと残りが介護保険で賄われます。



たかが、45分調理を1回するのに1600円〜1800円の税金が使われているのです。調理をするのに食材も必要になります。


少し乱暴な言い方ではありますが、思い切って配食サービスに移行しては良いのではないかと、思います。ちなみ配食だと、1食あたり600円ぐらいで済みますし、バランスの良い健康的な食事を届けてくれます。




掃除や買い物代行はシルバー人材センターにアウトソージング


70歳を過ぎても元気な人はいます。掃除や洗濯、買い物代行はシルバー人材センターに登録している人に時給900円ぐらいでやってもらえばいいと、考えます。45分掃除や買い物代行を1回して、利用者の負担が約200円〜400円。介護保険から支払われるのは約1600円〜1800円は、税金の無駄遣いとしか思えないです。


訪問介護事業所で働く身としては、生活援助のサービスがなくなるのは、大打撃です。全体の売り上げの30%ぐらいがなくなることになります。それを承知の上で、配食サービスやシルバー人材センターへのアウトソージングに切り替えてはどうかと、真剣に思っています。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 21:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

8時間労働ですが14時間拘束です



YUKA150701598457-thumb-1000xauto-19536.jpg



サ責の仕事は1日8時間労働です。一般的に8時間労働というと、8時〜17時や9時〜18時をイメージすると思うのですが、私の場合は8時〜22時の日もあります。


8時から22時の勤務であれば、休憩時間1時間入れて、13時間労働になるのですが、こういう日は休憩時間が6時間もあります。14時間拘束の8時間労働ってやつです。家が近いので、こういう日は家に帰って、昼ご飯を食べたり、ゴロゴロしたり、ブログを更新したりしています。


登録ヘルパーさんは主婦業とかあるので、夜間のケアに入るのは難しいですから、夜間のケアはサ責で回すしかないのが現状です。


毎日が8時間労働の14時間拘束ではないです。1日1軒だけのケアしかない日もあるので、そこらへんはバランス良く仕事ができています。


年収的には施設勤務時代に比べると、年収で50万ぐらい下がりそうですが、緩い感じで仕事ができているので、訪問介護を満喫してます。


今の労働環境は腎臓にも優しいので、長く働けそうです。




貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 16:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

経験って大事ですよね



介護業界に入り、6年目になります。まだまだ、短い期間ではありますが、いろいろな事業所を経験しました。主にヘルパーとして働きましたが、フロアリーダー、主任、施設長を経験しています。



PAK95_sunadokei20141018123010500-thumb-1000xauto-5549.jpg



その経験があってか、介護業界で管理職として働いている知り合いからデイサービスの管理者として働かないかと、打診がありました。知り合いが形だけの面接をして9月から働いて欲しいみたいです。


ぶっちゃけた話、色めき立ちました。しかし、サ責として働きだした身でありますし、腎臓の悪い私を雇ってくれた事業所を裏切ることはできませんので、打診はお断りしました。


世の中には私より優秀な人がいくらでもいます。しかし、介護業界では介護士、管理者が不足しているので、転職を繰り返し、人生をフラフラ歩んでいる私でも仕事の話がきます。


人手不足という業界に胡坐をかかずに、地に足をつけて今の仕事を頑張ろうと、思います。



貧乏日記 ブログランキングへ



posted by トモ at 14:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 介護 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする